「本当の私」は2つ?

画像: ©本宮 輝薫

2015.10.01

ライフ・ソーシャル

「本当の私」は2つ?

内藤  由貴子
一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

セラピーという言葉を聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか。  実は気軽にお試しいただける場なのです。 実際の相談は、どんな内容が多いのでしょうか?  とても多い「本当の私」というテーマの意味を追いかけます

はじめまして。一般社団法人フラワーフォトセラピー協会で代表をしています内藤由貴子です。

このたび、こちらのビジョナリーに加えていただきました。セラピストは、INSIGHT NOW!では異色のようですね。私は、花の写真を使ってその人が前向きな人生を阻む感情を分析し、解消する新しいセラピーをしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ところで、「セラピー」や「カウンセリング」という言葉について、どんなイメージをお持ちでしょうか。

イギリスでカウンセラーとして活躍していた友人が、「日本では、カウンセリングが、精神的な病気の人が受けるものだと誤解される事が多くてやりにくい…」とこぼしていました。

誰でも、生きていく上で、感情が大きく揺れバランスを崩すことはあるものです。そんな時、カウンセリングを受けて気持ちを整理することが欧米では一般的なのに対し、日本では「心が病んでいる人が受けるもの」という誤解が、少なくなったとはいえ、まだあるようです。

カウンセリングはどちらかといえば、相談者の話を聴くことが主体です。そして、セラピーという言葉になると、薬を使わない〇〇療法 というような意味で本来は、使われています。

でも、日本の場合、〇〇セラピーと名のあるものはたくさんあり、治療法の意味で使ってないものがほとんど。わざわざ、病気の治療ではありません、と断り書きをしてあるところも。

花の写真を使ってブロックになる感情を解放する「フラワーフォトセラピー」は、心理療法として開発されたものですが、うつ病などの相談で来られた方は、ほとんどいらっしゃいません。

では、どんな時に相談にいらっしゃるのでしょう?恋愛?それとも職場の人間関係?もちろんそれらもかなり多いです。

でも、少なくても私の場合、とりわけ多いのは「本当の私って…?」という言葉に集約されそうです。

「本当の私」って何でしょう?

実は、考えられる「本当の私」は、2つあります。

1、自分らしく生きたい私

2、まだ何をするかはわからなくても、本当にすべきことをする私

● アナ雪に見る「本当の私」

1、のパターンは、「アナ雪」です。

これを読んでいる方の中にも、大ヒットした歌の歌詞、まず「ありのままの姿見せるのよ」と聞いてドキリとし、続く「ありのままの自分になるの」のフレーズに共感を覚えた方もいらっしゃるのでは?

あの歌がヒットした背景に、親を始め、周りの幼い頃から「いい子なら、受け容れられる」「周囲の期待に応えようと頑張る私」の考えに縛られて生きて来た人が多いと考えられます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

内藤  由貴子

一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

こんにちは。内藤由貴子です。花の写真でストレスを作る感情を分析、心理診断を行い、さらにその解消まで行うフラワーフォトセラピーのセラピストです。INSIGHTNOWでは、異色な存在かもしれませんね。このセラピーの普及のため、一般社団法人フラワーフォトセラピー協会を設立、講師の養成、セラピストの紹介を行っています。自身、色を使うオーラソーマ®をはじめ、セラピストとして16年あまりのキャリアです。このINSIGHTNOWでは、こころをケアに役立つようなコラムを書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

フォロー フォローして内藤  由貴子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。