今日は何の日 9月15日は「老人の日」

画像: motoshi ohmori

2015.09.15

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 9月15日は「老人の日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

ハッピーマンデーの対象となった「敬老の日」とは別に、祝日ではない「老人の日」が9月15日固定で残されていることを、ご存知ですか。

今日、9月15日は「老人の日」です。

戦後まもなくはじまった敬老運動の結果、1966年(昭和41年)から9月15日は「敬老の日」となりました。そして、「敬老の日」を含む国民の祝日を月曜日に移そうという、いわゆるハッピーマンデーの導入に伴い、2003年から「敬老の日」は9月の第三月曜日になりました。

ところが、この毎年日にちがずれるハッピーマンデーに、納得しない方々がいらっしゃいました。主唱「内閣府 厚生労働省 全国社会福祉協議会 全国老人クラブ連合会 長寿社会開発センター 日本医師会 日本歯科医師会 日本薬剤師会 日本看護協会 日本社会福祉士会 日本介護福祉士会」ということなので、おそらくいろいろと面倒な議論があったのでしょう。

結果的に、「敬老の日」とは別に、祝日ではない「老人の日」が9月15日固定で残されることになりました。

「老人の日、老人週間は、①国民の間に老人の福祉への関心と理解を深める、②老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す、という二つの目的のために設けられています。」という目的があるそうです。②のように「老人の自覚」も目的としているにも関わらず、いわゆる「老害」によりややこしい記念日を残したというのも、いかにも日本的な感じがします。

超高齢社会はすでに始まっています。とても尊敬できない行状に走る「老人」の方もたくさん見かけるようになりました。平均寿命50歳ほどだった戦後直後の「老人」と、今の「老人」はまったくの別物です。次に「老人の日」と「敬老の日」が同じ9月15日になる2025年は団塊の世代がすべて後期高齢者に、超高齢社会は加速します。「老人」の定義も、位置づけも、考え直してみた方がいいのではないでしょうか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。