できる男は家事もできる~効率的な家事シェアのススメ~

画像: Brent Eckley

2015.09.03

ライフ・ソーシャル

できる男は家事もできる~効率的な家事シェアのススメ~

日野 照子
フリーランス ライター

家事も仕事と割り切って、ビジネスライクに取り組むことで効率的に家事シェア。仕事も家事もできる人が、これからの社会を作る。

【昭和のおじさんに女性活用推進は無理】

近年、多くの企業で「女性活用」や「女性管理職登用」といったプランがようやく動き始めたようですが、相変わらず遅々として進みません。長年、いくつもの企業を見てきた経験からしても、これらのプロパガンダは実はあまりうまく行きません。多くの場合、これらを推進する偉い人はおおむね「昭和のおじさん」で、家に専業主婦の奥さんがいることが多く、女性活用など半ば仕方なくやっています。

この世代の男性は、専業主婦の妻が家にいて、子育ても家事も全部奥さんに任せて、自分は長時間働くのが当たり前でした。家族のために稼ぐと言う大義名分の下で、自分の自己実現や満足のために長時間働いてきた人が大半ではないでしょうか。

こういう人が、もっとも身近にいる「自分の奥さん」と違う考え方の女性をきちんと理解できるわけもなく、うまく使えるわけもありません。「女性活用」を勘違いして女性社員を集めて食事会をやったり、女性だけをクローズアップした社内企画をやったりしてしまうのはそのせいです。

【変わるべきは今の子育て世代から】

今の子育て世代は、共稼ぎが当たり前で、夫婦の家事分担が必須です。けれど、家事の負担は圧倒的に女性の方に寄っていて、先日放送されたNHKの「あさイチ」によれば男性は女性の1/17しか家事を担当していないそうです。総務省の調査統計を見ても、育児、介護を含む家事にかける時間は、一日に男性42分、女性3時間35分と圧倒的に女性の家事負担が多い状態が続いています。(平成23年社会生活基本調査生活時間に関する結果

企業で女性を活用するという話は、この負担割合を変えなければとても成り立ちません。寝る間も惜しんで、仕事も家事もがんばれるスーパーウーマンは、それほどたくさんいるわけではないからです。夫にやらせる方が面倒、夫に任せても中途半端で結局やり直しになる等々で、半ばあきらめているワーキングウーマンも多いですが、まだまだあきらめるのは早いです。ビジネスの手法を使えば、仕事と同様うまく対処できます。

男性も、女性ばかりに家事を負担させると、近い将来必ず痛い目を見ますので、できる限り家事を分担することがおススメです。筆者の父親などは、一切家事をしたことのない典型的な「昭和のおじさん」でしたが、定年退職後に、米の研ぎ方から料理を覚え、掃除洗濯すべてを学び直す羽目になり、大変苦労しておりました。今のうちに、家事を覚えておくことは、自分自身のためにもなります。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日野 照子

フリーランス ライター

INSIGHTNOW!では、長年の会社生活で培った男社会や組織への疑義から、女性の社会進出やこれからの仕事、働き方などのコラムを書いています。

フォロー フォローして日野 照子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。