高齢化によって生じている本当の問題は何か?

2014.09.09

ライフ・ソーシャル

高齢化によって生じている本当の問題は何か?

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

「老いの工学研究所」のホームページに掲載したコラムを転載しました。

高齢化率は、1980年代には10%に満たなかったが、現在24%を超え、2025年には30%に達する。30年前は、10人に1人だった高齢者が、4人に1人となり、10年後には3人に1人となる。例えば、年寄りのわがままや身勝手は、10人に1人なら構わないが、3割もいれば見過ごせなくなる。だから、規範を意識し、自律的で、尊敬に値するような言動が求められる。弱者として支援や施しを受けるのをよしとしない、自立した姿も大切だ。3割もの弱者がいる社会が、楽しく、活性化しているはずがないからである。現役世代2人が高齢者1人を支えるのは無理なのだから、高齢者が戦力でいつづけるのも重要だ。高齢者は豊富な経験に基づく知恵や能力を持っているのだから、様々な形で社会や地域へ貢献できるし、それは責務と言えるだろう。このように、人口構成が変われば、高齢者の生き方も変わらざるを得なくなるという面もある。

過去からの連続ではなく、まったく新しい局面を迎えているという自覚を持って、新たな高齢者の生き方モデルを構築する。これが、急がねばならない課題なのだ。

老いの工学研究所のホームページは、こちら

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

「高齢社会、高齢期のライフスタイル」と「組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革など」)をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。