ビッグ・イシューを買うと・・・?

2007.12.12

営業・マーケティング

ビッグ・イシューを買うと・・・?

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

『ビッグ・イシュー』はホームレスの方が販売する雑誌。 全国主要都市の駅前や交差点などで、 右手に雑誌を高く掲げている人を見かけることがあります。 あの雑誌が『ビッグ・イシュー』です。 以前購入したことがあるよ、毎号買ってるよという方も いらっしゃると思います。

『ビッグイシュー』は1991年にロンドンで誕生し、
現在は世界28カ国、80都市で発行されています。

そして、『ビッグイシュー日本版』は2003年に創刊され、
現在は月2回発行です。

同誌は1冊300円。うち160円が
ホームレスの方の収入になります。

ビッグイシュー日本版の発行元によれば、
販売者の平均収入は、

3,200~4,000円/日(20-25冊販売)

となるようです。

この結果、路上生活を脱し、1日1000円程度で泊まれる
簡易宿泊所に移れるホームレスの方が増えてきたとのこと。

つまり、ビッグイシューを買うと、
寒空に凍えずにすむホームレスの方が増える。

今年大きな話題を集めたNHK特集「ワーキングプア」では、
年金をもらえない高齢者の方が、空き缶を集めてぎりぎりの
生活をする様子が伝えられていましたよね。

私の事務所がある本郷3丁目近辺の路上でも、
アルミ缶をリヤカーに積んだ方をよく見かけます。

あの仕事、朝から晩まで集めて回っても、
せいぜい1000円/日程度にしかならないため、
食事代をまかなうのがやっとなのだそうです。

したがって、路上での寝泊りを脱出することは
できません。

しかし、ビッグイシューを売れば、
暖かい屋根の下に眠れるだけの現金収入が得られる。

それ以上に、誰かに施しを受けるだけの情けない存在から、
社会の一員としての役割を果たしているという自覚、
働いて収入を得ているという「誇り」と「自信」が生まれる。

ビッグイシューの根底にあるのは

「セルフヘルプ」(自助努力)

です。

お腹を空かせた人に「魚」をあげるのではなく、
「魚の釣り方」を教える

という言葉の通りを実現した、
優れたソーシャルビジネスだと言えます。

さて、ビッグイシュー日本版の発行部数は、
wikipediaによれば現在約3万5千部のようですが、
もっと購入する人が増えてほしいなと思います。

実は、私は募金が苦手です。

もちろん、募金を否定するつもりはありません。
ちゃんと運営されているところがあるのはわかっています。

でも、本当に助けを必要としている人に、
自分のお金が使われるのかという不安が消えません。

しかし、『ビッグイシュー』を買うのは、
そんな不安がありません。目の前のホームレスの方の
収入になることがわかる。しかも、それは、単なる
「施し」でもありませんからね。

ちなみに、

『ビッグイシュー日本版』最新号(84号、2007.12.1)

の表紙を飾っているのは、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。