2040年のFacebook(フェイスブック)

2012.12.01

経営・マネジメント

2040年のFacebook(フェイスブック)

坂口 孝則
未来調達研究所株式会社 取締役

Facebookを使ったサイバーパンクとしての将来像予想。

 あたしは、息子がパソコンをながめているのに気づいた。6歳になる息子マコトは、いつもパソコンとにらめっこしている。でも、今日は様子がいつもとちょっと違う。普通なら、パソコン・ゲームで世界のどこかの子どもとオンラインゲームに夢中だ。

 だけど、今日はなんだかしきりにうなずいては、あたしのほうをときおり向く。「あー、やっぱり」といってはパソコンに振り返る。なんなのよ。いったい。

 マコトが私を呼んだ。「ねえ、ママちょっと来てよ」
「なんなの?」
「フェイスブックってあるでしょう。ずっと昔から有名なあれだよ」
「それが?」
「この30年くらい、登録者のデータをたっくさん集めたらしいんだ。そのひとがどういうひとなのか。どう変わったのか。そして、どんなことを言っているのか」
「知ってるわよ、あたしだって、アカウントをもってもう20年くらいになるんだから」
「だよね、それでね、最近、そのフェイスブックのデータを使った面白いサービスがあるんだ」

 マコトが見せてくれたパソコンの画面には、「究極のマッチングサービス」とあった。

「何よこれ?」
「相性占いっていうのがあるでしょう。普通なら誕生日とか、字画とか、そんなので占うみたいだよね。でも、このサービスでは、フェイスブックにこれまでそのひとが書き込んだコメントだとか、写真だとかをすべて分析するんだ」
「気持ち悪いでしょう。そんなのちょっと上手くできたゲームみたいなもんでしょう」
「いや、違うんだよ、ママ。これを見て……」

 マコトが小さな指で、画面の中心を指さした。
そこには「男性と女性のIDをそれぞれひとつずつ選択いただければ、生まれてくる子どもの才能や外見を当てることができます」と書いてあった。

「やっぱりすごいよね。見てよ。フェイスブックって何年にもわたって、コメントを書いたり、写真をアップロードしたりするでしょう。だから……」

 マコトの説明によると、それぞれのユーザーのフェイスブック利用履歴から、そのユーザーの仕事力レベルや年収推定・才能推定・スキルレベル、人間的魅力などを分析し、その男女の組み合わせによって誕生する子どもの特性が、ほぼ100%当てることができるという。

「ほら、見てよ。ママ。これはクラスの工藤くんのパパとママを、ためしに指定してみたんだ」

 工藤くんとは、マコトのクラスのなかでもっとも優秀な生徒で、ほとんどのテストは満点。しかもスポーツ万能で、性格もいい。ハーバード法学部卒業の夫と、北京大学工学部出身の妻のあいだにできた、いわば秀才くんだった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

坂口 孝則

未来調達研究所株式会社 取締役

大阪大学卒業後、電機メーカー、自動車メーカーで調達・購買業務に従事。未来調達研究所株式会社取締役。コスト削減のコンサルタント。『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎新書)など著書22作。

フォロー フォローして坂口 孝則の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。