渋谷ヒカリエが教えてくれたWebサイトリニューアルの真髄と覚悟

2012.06.19

IT・WEB

渋谷ヒカリエが教えてくれたWebサイトリニューアルの真髄と覚悟

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、渋谷ヒカリエのコンセプトから見えてきた、Webマスターが見習うべき「Webサイトをリニューアルすること」の本質的な意義や、「現状と将来」の考え方について、軽いコラムを。

渋谷ヒカリエが4月26日にオープンしました。東急や東京メトロが中心となって、渋谷駅の東口に作られた、商業・オフィス・文化施設が入る地上34階、地下4階の大規模複合ビルで、9年の歳月をかけて完成したとのこと。

さて、その渋谷ヒカリエが、なぜWebサイトのリニューアルに関係するのでしょうか?

渋谷は、地域の発展とともに変わり続けてきました。

駅ビルや周辺の建物も、新しい建物ができたり、増築してつなげられたりし続け、時代とともに人の流れも変わっていきました。ヒカリエの場所に以前あった東急文化会館、宮益坂、公園通り、センター街、109、道玄坂、そしてセルリアンタワーができ、マークシティができ……(私は昔からの変遷に詳しいわけではないですが)。

そうして大きく複雑になっていった渋谷ですが、いつからか「渋谷はわかりづらい、駅に降りてどっちに行けばどこに行けるのかわからない」と言われるようになりました。

地上3階地下5階の東京メトロの渋谷駅構内図が「まるでRPGのダンジョンのようだ」とおもしろがられはするものの、皆が「渋谷は複雑な場所」「そういうもの」だと思い、それを改善できるとは思っていなかったのではないでしょうか。

しかし、東急は、そこに大きくメスを入れたのです。渋谷の人の流れを変え、新しい価値で新しい時代を作るために、渋谷ヒカリエを作りました。

そのために、古い東急文化会館を取り壊して大きな施設を作り、既存の駅から大きな動線を設けたのです。

これって、企業Webサイトのリニューアルと似ていませんか?

長年かけそれぞれの時代に合わせて作ったコンテンツがつぎはぎされていて複雑でわかりづらくなっている企業Webサイト。

そのわかりづらさの背景には、さまざまな人(部署)の事情がからんだ「これは変えられないんだよね」「そういうものだと思うしかないんだよね」という部分も。

そのため、スマホ対応するにも全体に手を入れるには手間とコストがかかりすぎ、今の忙しさがあるため最低限の部分的対応で済ませるしかなかったり。

渋谷を変えるのでも、Webサイトをリニューアルするのでも、現状を大きく変えるには、大きなビジョンをもって成さねばならず、かつ、その大きなアクションを実行するための覚悟が必要なのだな、と思います。

そして、ヒカリエがそれ自身によって渋谷を変えるために作られたように、Webサイトのリニューアルにも、その向こうに大きなゴールがあるべきなのです。「サイトをリニューアルすること」は目的ではなく、何かを達成するための手段でしかないのですから。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。