ようやく策定されたECMのための共通言語 CMIS(1/3)

2008.09.26

IT・WEB

ようやく策定されたECMのための共通言語 CMIS(1/3)

石井 昭紀

ECM業界の主要プレーヤ達が共同で策定した新しい規格、Content Management Interoperability Service (CMIS)についての概要説明をしていきます

 9月10日にIBM、EMC、Microsoftという現在ECMの世界でも特に強い影響力を持っている3社が共同開発した仕様「Content Management Interoperability Service(CMIS)」をOASISへ提出予定であるという発表がありました。この3社が協力した、というだけでもECMという分野の中では非常に大きなインパクトを持ちますが(IBMはFilenetを、EMCはDocumentumを買収して製品ラインナップを整えています)、さらにAlfresco、Open Text、Oracle、SAPの4社が合流し、メジャーどころすべてが関与した本格的な業界標準ともいうべき仕様になっています。

 直訳すると、「コンテンツ管理相互運用サービス」、つまり、異なるコンテンツ管理システム(ECM製品)の間での相互運用を可能にするための規格です。「ECMの世界の(RDBMSで言うところの)SQLを作る」という野心的な試みと言えるでしょう。

 具体的にはRESTとSOAPで呼び出すことができるメソッドの名前と仕様を共有化していく、というアプローチをとっています。したがって、この仕様で定められた名前のメソッドを呼び出す形でリモートからECMリポジトリの機能へアクセスする、というアーキテクチャで構築されたアプリケーションは、背後にたてるリポジトリの土台が他のECM製品になってもそのまま動作させることができる、ということになります。

 本稿では3回にわけてこのCMISの仕様の概要を紹介していきたいと思います。第1回の今回は仕様の概要を、第2回ではそこで前提となっているデータモデルについて、第3回では実際にサービスとして規程されている各メソッドについての説明をしていく予定です。

 まず、この野心的な取り組みの第一歩として今回のバージョン0.5のカバー範囲がどこまでなのか、という定義から仕様書はスタートしています。この仕様のユースケースを例示していくというスタイルで、ECM製品の基本機能を活用する「コアECMサービス」、それらECM製品の上にアプリケーションを構築することで実現する「ECMベースアプリケーション(原語ではECM Applicationですが)」、加えて今回対象としなかったユースケースのサンプルとしての「スコープ外」という3つのカテゴリが提示されています。

 「コアECMサービス」の枠では、コンテンツ生成コラボレーション、ポータル構築、マッシュアップの3つのユースケースが挙げられています。コンテンツ生成の場としてのECMリポジトリ、企業ポータルの構成要素(時として基盤として活用されるECM製品もありますが)としてのECMリポジトリ、マッシュアップ対象としてのコンテンツ(あるいはコンテンツ断片)提供元としてのECMリポジトリ、といった形で、現代的なECMリポジトリの活用方法が一通りカバーされていると言えるでしょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。