「スキルアップできる会社を目指す」という勘違い就活生。

2012.02.13

ライフ・ソーシャル

「スキルアップできる会社を目指す」という勘違い就活生。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

会社活動を通じてのスキルアップは、あくまでも結果。自らの目的として高く位置づけるものではありません!

就活中の学生の皆さんへのメッセージとして、優しさが滲みでているブログを見つけました。

勉強なら他所でやれ
http://transistar.info/?p=486

この記事を「優しい」と思わない学生さんがいたら、まずはその感覚から改めることをお勧めします。

とくに素晴らしいのがこの文章。

「会社に入ってスキルアップなんて図々しいことこの上なく、給料は貰うどころか、授業料を払うべきです。会社でのスキルアップというのは仕事の結果としてそうなるわけであり、それ自体を目的にするのは本末転倒。」

給料は、自分の成果物を認めてくれた第三者から対価を頂戴できる自分になって初めてもらえるものであり、“自分のスキルアップのため”などと、自分にベクトルが向いている人の成果物なんて、誰が買ってくれましょうか…
もちろん、「なんでも他人に迎合して製品を作れ」っていうわけではないですよ。他人に満足感を与える、という姿勢が第一ではない人の成果物なんて、結果として誰も買ってくれない、ってことです。

スキルアップを目的せず、がむしゃらに、会社を通じて良質な成果物をアウトプットすることだけ考えて働いても、ほんとうに会社に貢献する人物になるまでは3年かかると言われています。
僕自身も、経験的にそんな感覚を持っています。

自分のため、という我欲を、他人に表現してしまうほどに中心に据えつつ、どこかの組織に所属しようなんて、甘い甘い。
ブログ著者の言う通り、一人でやることから始めてほしい。

以前、「自己実現」や「自分探し」なんていう言葉が流行り、就職活動のときもこれらのキーワードの優先順位を高くした人が多い時代がありました。
それでもまだそのときは、そんな人でも職があり、組織人になってから「自分の考え方が違う」ということに気づかされ、修正していく余裕(とでも申しましょうか)がありました。企業側にも。

今は、そんな余裕ないですからね。
ほんとにこんな考え方していると、どこも採ってくれませんよ。
企業側も「自己実現」を叫ぶ人が数多な時代を経験し、自分中の若者を見抜く目を養ったから、なおさら。

追)スキルアップを目指すなら、Z会のキャリアアップコースをどうぞ(笑)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。