日経BPネットが有料リンク掲載、明らかなSEO目的でGoogleを挑発中?

2010.05.12

IT・WEB

日経BPネットが有料リンク掲載、明らかなSEO目的でGoogleを挑発中?

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、日経BPネットで堂々と有料リンクが掲載されている件について。検索エンジンのルールをメディア最大手の1社が破っていることは、逆に言うと、現状の検索エンジンがまだまだ不完全であることを意味するのではないしょうか。

現在、日経BPネットにアクセスすると、多くのページで有料リンクが掲載されているのを確認できます。さすがにトップページにはありませんが、ナビゲーション内の多くのページで有料リンクが掲載されています。

有料リンクは、コンテンツエリア下部の「注目のビジネスキーワード」「注目のITキーワード」のブロックに掲載されています。

さらに、「キャリワカ」や「BPnetイベント」のサイトでは、各コーナーのトップページにも有料リンクが設置されています。
小飼弾氏や茂木健一郎氏といった大物の名前を冠したページに有料リンクが掲載されているのは、なかなかシュールな景色です。

改めて確認しておきますが、グーグルは検索結果に影響を与えるリンクの販売を禁止しています。その理由は、検索エンジンが検索結果での順位を決定するのにリンクが大きな役割を果たしているからで、検索エンジンからみると、有料リンクは順位に作為的な影響を与えるSEOスパムなのです。

・PageRank の計算に使われるリンクを売り買いすることについて
http://googlejapan.blogspot.com/2008/10/pagerank.html (前編)
http://googlejapan.blogspot.com/2008/10/pagerank_21.html (後編)

・有料リンクを Google に報告する必要がある理由
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=66736&topic=8524

またグーグルは、そういった有料リンクを報告するフォームも用意しています。

・有料リンクを報告
https://www.google.com/webmasters/tools/paidlinks

過去には、グーグルの日本法人が有料リンクを利用したため、google.co.jpのPageRankをグーグル自ら引き下げるといった事件もありました。

・「Google自らガイドライン違反」 PageRank急落は「有料リンク」が原因
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/19/news015.html

もちろん、すべてのリンクの売買を禁止すると広告が成り立たなくなるため、検索結果に影響を与えない、純粋に訪問者がクリックして移動するためのリンクは問題ないとしています。そのため、世の中の多くの広告は、検索結果に影響を与えないように広告システムを介したリンクとしています。広告システムを使わない場合でも、リンクに「rel="nofollow"」を付けることで、検索結果に影響を及ぼさないリンクにできます。

次のページクラス名が「ad_seo_keywords」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。