地方の商店、商売にがめつくなれ!

2010.03.13

営業・マーケティング

地方の商店、商売にがめつくなれ!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

もうからない、人がいない、を嘆くより、やるべきことをやりましょう、先に。 地方商店のみなさん!

言葉だけ見ればみんな、1つの事実を表しているのかもしれません。
しかし、地方の商店、自分自身が招いている「不況」もあると思います。

いや、実際はわからなくても、外の環境のせいばかりにせず、自分で変えることをする気持ちを持ち続けることが何よりも大切なんです。

その心…ごめんなさい、地元の三島の商店で感じる「変えよう、頑張ろう」という心と、東京の商店とでは、圧倒的に東京が上です。

これではますます客が、というより、地方から人が離れ、地方の商店は収益が減り、可処分所得が減る地域には企業も商売をしたくないと思い、企業進出もなく。
企業誘致するけどちっとも来てくれない、と地方の人が嘆く。。。

悪循環を生んでしまいます。

僕も石川県の、かなりの田舎の出身です。
そのときの経験を踏まえて、地方の商店の「自らの悪」を一点だけに絞って挙げるのであれば…

「お金を汚いもの、お金を稼ぐことを悪のように言い、“なすべき金稼ぎ”をせず、“気持ちが大切”という自分のよりどころに落とし込むこと」

これが、地方商店の「儲からない」を招いている元凶だと感じます。

首都圏で儲かっている商店は…
「商売」につながることをとことんやり、かつ、“気持ち”もある、だから儲かるんです。

人がいるから、じゃありません。
汚いことをやっているわけじゃもちろんありません。

利益は、その商品を気に入った人が多いからこそ、結果として生み出せるものであって。

金融工学が発達したため、実態のない金稼ぎも世の中に出始め、「金稼ぎが汚い」もののように強烈に思っている人が少なくありません。
でも、本来は、儲かっている人ほど、社会価値を創造し、人のお役に立っているはずなんです。

外部環境のせいにしないで、まずは自分のできることを、しっかりやりませんか?
地方の商店のみなさん!

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。