地方の商店、商売にがめつくなれ!

2010.03.13

営業・マーケティング

地方の商店、商売にがめつくなれ!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

もうからない、人がいない、を嘆くより、やるべきことをやりましょう、先に。 地方商店のみなさん!

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

まずは今日の出来事から。

本日の昼食に、近くの、1週間くらい前にできたばかりの餃子屋に行きました。
中心メニューが餃子と鳥のから揚げのみという、まさに「餃子屋」さん。
餃子1皿390円、鳥のから揚げ420円と、決して安くはありません。

餃子定食500円、鳥のから揚げ420円を頼みました。(初回で名物をそれなりに食べちゃいたい、という性格なものですから。笑)
餃子定食500円、出てきました。そこで…

「あら、店長(20代と見える男性)、鳥のから揚げいれてないんじゃ。」

パートの女性(50代でしょうか)、大声で。

お客さん(=僕)に「すいません」とも言わず「あっちゃー忘れてた」という表情で鳥のから揚げを作り始めようとする店長。
パートの女性はさすがに「申し訳ありませんね~今から作りますから」。けれど笑顔で。

「要りません、もう時間がないんで」

「あらーそうですか、すいませんねー」と、これまたフツーの声で話すパートの女性。
少し間をおいて、店長。

「おみやげ用の鳥のから揚げだとすぐに出せるんですけど…」
作り立てではなく、少し放置されていた鳥のから揚げを出そうとする店長。

いらん。

別のお話。
これまたよく行く、近くのラーメン店があります。できてまだ半年くらいでしょうか。これも店長は若い人です。
味が好きなのと、深夜5時頃までやっている理由で、深夜2時を回っておなかがすいていると行きます。

このラーメン店で、今まで「つけ麺の後のシメの雑炊セット(=小ごはん)」(100円)の注文を3回忘れられました。
餃子の注文を1回忘れられました。
忘却率は50%くらいです(笑)

加えて、1回、「1,270円」の支払いをしようとして、最初は「2,070円」を出していたところ、「あっつ、すいません、細かいのありました」として「1,320円」に変えたところ、何を思ったか最初っから「1,570円の支払い、300円お釣り」でレジうちして、1,320円受け取り300円をレジから差し出す、という無意識行動?条件反射?までありました。
#さすがに「あの~」と言いましたが。

「お金稼ぐ気、あります?」

地方商店の人はこういいます。

「地方に人がいなくなって、もう(地方の)商店は辛いよ」
「国はなにもやってくれない」
「大きなスーパーが全部客をとっていく!」
「金儲け主義の大手の真似なんてしたくない、人間は気持ちなんだから!」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。