現実は、すべてかつて自分で書いた日記の中にあった!

2010.01.19

経営・マネジメント

現実は、すべてかつて自分で書いた日記の中にあった!

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

「現実はかつてはすべて想像の中にあった」 これは、かの有名なアメリカ物理学者、 アインシュタインのことばです。 今回は、いかにして成功を実現させることができるかというお話です。

◆「現実はかつてはすべて想像の中にあった」

これは、かの有名なアメリカ物理学者、
アインシュタインのことばです。

今の現実社会は、

「かつて人々が思い描いた想像の世界が、実現したもの」

だということです。

◆こういう逸話もあります。

ある老人が、若い学生に尋ねました。

「なぜ鉄の塊である飛行機が空を飛べるのかわかるかい?」

「それは、翼表面では気流の流れが速くなり、それが揚力を生むと
いう流体力学による成果がそうしたのではないでしょうか?」

学生の答に、老人はこう云いました。

「飛べる一番の理由は、

当時の人々が、飛行機は絶対に空を飛ぶことができる
という信念を持ち、
人間が空を自由に飛んでいる姿を鮮明にイメージしていた
からなんだよ」

◆最近、中村天風という方の「成功の実現」という本を読んでいます。

この方は、明治維新を挟んで活躍された哲人です。

1876年華族に生れながら、軍事探偵として満州へ。
日露戦時下めざましい活躍をし、「人斬り天風」と恐れられる。

当時死病の肺結核を治すため欧米、インドを放浪。  

その間、コロンビア大学で医学を学び、また日本人にして
初のヨガ直伝者となり、その後財界で活躍され、
1968年92歳で死去。

◆師事する多数の方の中に、

古くは、
東郷平八郎元帥や山本五十六元帥、原敬元首相

最近では、
松下幸之助氏、京セラ稲盛会長、ロックフェラー三世ら

そうそうたる顔触れが顔を連ねています。

◆こんな偉い方であるこの中村天風氏も、同じようなことを
言っています。

「目に触れる全ての物は一切合財、
宇宙の自然創造物以外の物はすべて
人間の心の中の思考から生み出された物である」

◆天風氏は、さらに、現在を生きがいのあるものにするには、

「想像力」

を応用して、自分の念願、宿願をはっきりと心に描くことを
絶え間なくやる
ということをやり続けなさいと。

◆どうも、人間の意識には

「実在」と「潜在」

の二つの意識があって、

実在意識が、思考や想像の源を司り、
潜在意識は、実在意識が念ずるものを現実化する

ように事前に努力する傾向にあるようです。

◆実在意識に働きかけるもの、それは言葉です。

実在意識に働きかける言葉は、
積極的な表現でも、消極的な表現でも
どちらも大きな影響力を実在意識に与え
それを元に潜在意識が、その思念するものを現実化する

といいます。

◆これはコンピュータでいえば、

実在意識は、あらゆるデータを収集し、入力するユーザーインター
フェースのようなもので、

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。