CMS製品を評価する28個のチェックリスト

2009.12.15

IT・WEB

CMS製品を評価する28個のチェックリスト

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、CMS(コンテンツ管理システム)を比較/評価する際に使える機能のチェックリストを紹介します。

今日は、CMS(コンテンツ管理システム)を比較/評価する際に使える機能のチェックリストを紹介します。

海外の情報サイトですが、CMS Watchというサイトがあります。ウェブCMS(WCMS)やエンタープライズCMS(ECM)を中心とした情報や調査データを提供しているサイトです。ここの一番のコンテンツはWCMSやECMSの各ベンダーが出している製品に関して調査を行った結果をまとめた「The Web CMS Report」や「The ECM Report」などの有料レポートです。

10万円~30万円というお高いレポートなのですが、今日は、このレポートで使われているウェブCMSの評価チャートの項目を紹介します。

・テクノロジー&管理
 o アクセス制御&レポーティング
  + アクセス制御&権限付与
  + システムレポーティング
 o 開発
  + カスタマイズ&システム統合
  + テンプレート化
 o パフォーマンス
  + バックエンドパフォーマンス
  + 配信パフォーマンス

・コンテンツ作成
 o 作成者向けエクスペリエンス
  + 全体のユーザビリティ
  + ユーザーインターフェイスのアクセシビリティ
  + ユーザーインターフェイスの各国語対応
 o 作成者向け機能
  + コンテンツ作成&変換
  + タグ付け&カテゴリ付け
  + コンテンツの再利用
  + デジタルアセット管理
  + リポジトリサービス
 o コンテンツライフサイクル
  + ワークフロー管理
  + 複数サイト管理
  + 多国語展開
  + リテンションサービス

・コンテンツ配信
 o オンライン
  + パーソナライズ
  + フレンドリー出力
  + アクセス解析
 o 拡張サービス
  + サイト内検索
  + 複数チャンネル配信&シンジケーション
  + UGC&ソーシャルサービス

・ベンダー評価
 o サービス&チャンネル
 o サポート&コミュニティ
 o 戦略&ロードマップ
 o 透明性&安定性

CMS Watch → http://www.cmswatch.com/

Web担でもCMS製品の一覧を設けていて機能の有無を示す項目を設けていますが、ここで紹介したCMS Watchの項目のほうがイマドキでシンプルですね。

実際のところ、CMSの機能の有無を○×で表にしていっても、多くのベンダーさんがとりあえず機能を用意して「○」にしてしまいますし、最近はモジュール形式での機能拡張ができるCMSも多いですよね。そのため、細かい機能のチェックリストを用意してCMS選定に使おうとしても、うまくいかないことが多いようです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。