リーダーの条件(前)

2007.09.02

組織・人材

リーダーの条件(前)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

元教え子から届いたメール…それは「リーダーの条件について議論しています!」という、大学生の若くて真っ直ぐなメール。 本当のリーダーにはまだまだ遠い筆者が考えた「リーダーの条件」と、その優先順位はー。

以前、知り合いの大学生から、こんなメールが届きました。

“「リーダーの条件」についていろいろ議論しています。私はこの3つが必要最低限だと思うのですけど、どう思いますか?”

彼女からのメールを引用して紹介すると。

A.人間関係構築能力(ex.思いやり;win-win関係構成能力)
B.人を巻き込む行動を行う、行える行動力
C.信念(価値観)

これらのどれかが欠けてもリーダーにはなれない。
プライオリティもつけられるのか?ということでも、議論されているようです。

以下は僕の考えです。

もし、上記3つが「プライオリティをつけられず並列で並ぶもの」というのであれば、他に並び立つべきものとして、以下の3つを挙げます。

D.バランス感覚や時代感

政治や経済の状況、教育水準…などにより、その時代時代で求められるものは変わります。
もちろん、考え方をコロコロ変えるような事はあってはいけないでしょうが、リーダーは「パラダイム」の変化を察知し、変化に応じた対処ができるかどうか、ということがとっても大切だと思います。
これには、バランス感覚と時代感が備わっている(備えるよう努力している)人ではないと無理でしょう。

E.目標を明確に告げられる表現力

信念は内に秘めるものであったり、全体の行動から察知できるものであったり…でも構わないでしょう。
しかし、多くの人を従えるリーダーであれば、いくら信念が強くても、その信念を誰しもが理解できるような言葉に置き換えて表現できなければ、周りから共感されない場合も多々あります。

F.決断力と自信

D、Eに比較しても、この力の大切さを感じています。

自分で思い立ったことを実行するためには、A~Cの力があればOKです。
しかし、他人の提案や正論を採用したり棄却したりするには、A~Cの力だけでは不可能です。
たとえば、ある国家施策が特定地域の産業の発展を著しく押し下げるような場合…
信念が強くとも、人間関係構築力や行動力と言ったテクニカルな側面をもち合わせていても、その地域の人たちにとって短期的には間違いなく不利益と思えることを実行に移す「決断力」がないと無理です。

(つづく)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

リーダーシップ

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。