GENOウイルス対策 - Web担当者と制作会社が最低限するべきこと

2009.09.07

IT・WEB

GENOウイルス対策 - Web担当者と制作会社が最低限するべきこと

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、Web担当者と制作会社が最低限しておかないと大変なことになる可能性があるセキュリティ対策の話です。

これをしておかないと、最悪、あなたのサイトにウイルスが仕込まれて困ったことになってしまいます。

2009年5月に、Web業界に猛烈に広がったウイルスがあります。通称「GENOウイルス」といわれるものです。収まったかと思っていたのですが、最近でもまだ残っているようですし、知り合いのWeb担当者さんのパソコンをチェックすると対策がされていなかったので、今更ですが改めて解説しておきます。

どんなウイルス? 何がまずいの?

感染したパソコンで自分のサイトにFTP接続すると、そのサイトのHTMLに、ウイルスを拡散するコードが仕込まれます。

そうなると、あなたのサイトに来た人がウイルスに感染してしまいますし、Google検索で「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されてしまいます。

つまり、あなたのサイトに来るお客さんに損害を与えてしまう可能性があるということです。これは、社内で感染が広がる云々よりも重要ですよね。

どうすれば防げるの?

ブラウザで動作するFlashプレイヤー(ブラウザが入っていればほぼ必ずインストールされているはず)と、Adobe Reader(インストールしている場合)を最新のバージョンにアップデートします。

ただし、FlashプレイヤーはIE用とFirefoxなどのIE以外用のプログラムが別々になっているので、それぞれアップデートする必要があります。

1. IEでFlashのバージョン確認

IEを使っていてもいなくても、この手順はやっておきます。IEを起動して、Flashプレイヤーのバージョン確認ページを表示します。

http://www.adobe.com/jp/support/flashplayer/ts/documents/tn_15507.htm

ページ上部に「Your Player Version」が表示されます。ページ下部に「現在の Flash Player バージョン」の表示があるので、そこに示されているバージョンより古いものだったら、アップデートが必要です。

最新バージョンになっていなければ、IEでFlashのダウンロードページに行き、最新バージョンをダウンロードしてインストールします。

http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2. IE以外のFlashのバージョン確認

IE以外のブラウザ(Firefox/Opera/Safari/Chrome)がインストールされている場合は、そのどれかで、IEのときと同様にFlashのバージョンを確認します。

次のページ3. Adobe Reader(Adobe Acrob...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。