キーワード最適化ツールでGoogleからキーワードアドバイスを受ける

2009.05.12

IT・WEB

キーワード最適化ツールでGoogleからキーワードアドバイスを受ける

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

検索キーワードを調査する「キーワード最適化ツール」をグーグルがリリースしました。当初はオーガニック検索でも大丈夫なキーワードにもPPCを出稿させるツールかと思いましたが、これが意外とイケる内容でしたので、使い方や特徴を紹介します。

キーワード最適化ツールは、次のURLから利用できます。
http://www.google.co.jp/sktool/

もちろん用途は検索連動型広告やオーガニック検索の最適化のためのキーワード調査なのですが、キーワード最適化ツールには次の3つの使い方があります。

1. 一般的なキーワード調査
キーワードを指定して、サイトは指定しない。

2. サイトに合ったキーワードを探す
キーワードは指定せず、サイトを指定すると、サイトに合ったキーワードを自動的に抽出してくれます。キーワードも併せて指定すると、その単語を含むキーワードを表示してくれます。

3. 特定のページに合ったキーワードを探す
キーワードは指定せず、サイトを指定して、さらに、調べたいページのURLの一部を「フィルタ設定」の「URLに含まれる文字列」に入力。

※いずれも、キーワードは[単語またはフレーズ]に指定し、サイトは[ウェブサイト]に指定します。キーワードを複数指定する場合はカンマ区切りで指定します(半角カンマで区切る)。

キーワード最適化ツールはだれでも使えるのですが、上記のようにサイトを指定して使うには、アドワーズ広告のアカウントにログインしておくほうがいいでしょう。というのも、ヘルプで次のように書かれているからです。

“ログインしていない場合、キーワード最適化ツールでは、
どのウェブサイトについても一部のキーワードリストしか表示しません。”

アドワーズ広告アカウントにログインしていると、広告を出稿しているサイトに関してはすべてのキーワードリストが表示されます。

また、ログインしていると、画面上部に[設定]というリンクが出て、そこからキーワードを抽出する対象の言語や地域を設定できます。非ログイン状態では全言語の全地域の情報が表示されるので、英単語が入るキーワードの調査の場合は、アドワーズ広告アカウントにログインして言語を設定しておかないと使い物にならない状態ですね。

今のところキーワード最適化ツールのインターフェイスからのログインはうまく動作していないようなので、ログインできない場合はアドワーズ広告のログインページからログインして、その後キーワード最適化ツールのページに戻るといいでしょう。
https://adwords.google.co.jp/select/Login

あとは、キーワード一覧に表示される各項目の意味を理解しておきましょう。

次のページキーワード

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。