新入社員『ハチロク世代』に秘められたゼロ成長時代の未来とは?

2009.05.10

組織・人材

新入社員『ハチロク世代』に秘められたゼロ成長時代の未来とは?

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

今年の新入社員である『ハチロク世代』は、ビジネス的に、何かやらかしてくれそうな予感がある。 かつて「新人類」と呼ばれていた40半ばのおっさんは、実は、その世代の動きが、とても驚異だし、気になっているのだ・・・。

@IT自分戦略研究所というサイトの「ハチロク世代がやってくる」という特集の記事によると・・・
「ナナロク世代」とは、1976年前後に生まれたWeb系企業の起業家や技術者で、mixiの笠原健治氏、はてなの近藤淳也氏、GREEの田中良和氏、paperboy&co.の家入一真氏、DeNAの川崎修平氏、Six Apartの宮川達彦氏、ニワンゴのひろゆき(西村博之)氏などがそれに当たるという。

『ハチロク世代』とは、それから10年後の1986年前後に生まれた世代を指す。小学校の前半には「Windows 95」が発売され、「Yahoo! Japan」がスタートする。インターネットの普及とともに自我を目覚めさせて行った世代なのである。

中学校に入学に合わせてNTTドコモの「iモード」がスタートし、携帯電話の文化が本格的に花開く。そして、中学~高校生時代には、2ちゃんねる、Google、Amazon、Winnyなど、インターネットの清濁併せのむ文化に「ハマった」者たちをこの世代は内包する。

そして、大学生になる(2005年以降)と、いわゆる「Web 2.0」の時代を迎える。「mixi」や「GREE」といったSNS、「YouTube」などの動画共有サイトなどを、大学生である彼らは享受してきたことになる。

まさしく、

「Web文化とともに育った」のが『ハチロク世代』。

下宿しているアパートに「黒電話」をやっとこ引けたのが大学4年生の時だったなんてエピソードを語るような私たち世代とは、コミュニケーションを考える前提が、まったく違うと考えた方が良い。

そんな『ハチロク世代』が、最近、やらかしてくれた素敵な事件がある。ネット上では、少し話題になっているのでご紹介する。
そこには、おっさんから見ても羨ましい「時間感覚」と「狂気」を感じる。間違いなく、そこには、ビジネスの未来が、やって来ている。

その素敵な事件は、
'Open Source' & 'Wisdom of Crowds'に多大なる期待を抱く少年の試みをテーマとした「日本にもシリコンバレーを」というサイトで起こっている。

『ハチロク世代』のバイブルは、2年程前に話題になった『ウェブ進化論』。その著者である梅田望夫さんの新刊『シリコンバレーから将棋を観る』に、さらに感銘を受けたサイト主催者が、著作内に書かれている著者の呼びかけ→本書の全部または一部を、英語はもちろん中国語でも韓国語でもスペイン語でもフランス語でも、どなたが何語に翻訳してウェブにアップすることも自由、とします(許諾の連絡も不要です)。

次のページ『シリコンバレーから将棋を観る』全訳プロジェクト

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。