カフェスタ、サービス終了~甘えているコミュニティ運営者に喝!

2009.05.09

IT・WEB

カフェスタ、サービス終了~甘えているコミュニティ運営者に喝!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

会員数が約180万のSNS「カフェスタ」。運営を続けるために“お金払って~”という最後の訴えも届かずサービスを終了します。 ライブドアをはじめとし、終了したSNSは世の中に数多ある、という現状を、“お金を取らずに運営を続けられる”環境にある運営者は肝に銘じ、常に“このサービスは利用者にお金を払って戴けるだろうか?”と考えていることが、良質のコミュニティ創造につながります。

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

会員数約180万、月間ページビュー約8,000万のカフェスタ。
http://www.cafesta.com/top/index.do
残念ながらサービスを終了することになったようです。

カフェスタは昨年末、下記記事で大変話題になりました。

「サイト存続のため、アバター買って」 カフェスタが異例の呼び掛け
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/09/news072.html

僕もカフェスタに登録していますので、上記記事で紹介されているメールを直接受け取りました。
#もちろん記事などになる前です。
かなり衝撃を受けた文章が下記になります。

===(引用開始)===

今後もカフェスタを存続していく為にパスポート会員になっていただくか、
アバター等のお買い物をしていただけないでしょうか。

月に一度、コーヒー1杯や雑誌1冊ほどの金額を使っていただくことで
今後もカフェスタを存続・運営することができるようになります。

===(引用終了)===

このままだと赤字でサービスを終了しなければいけない、
存続希望者は支えてください、という望みとともに…

コーヒー1杯の金額でも良い、それくらいわかりやすく提示しているのに、存続希望者が(必要数ほど)いなければ、サービスを停止する。

そんな潔さも感じられる文章でした。

世の中には様々なインターネットサービスがあり、無料で利用できるものが沢山あります。
しかし、多くの人が無料で使っているものは、必ずどこかでお金を払ってサービスを世の中に存続させてくれている人がいます。
インターネットサービスの場合、その多くが広告を出している広告主。

180万人のユーザーを抱え、8,000万ページビューを稼ぐサイトであっても、広告収入だけではやっていけない…
インターネット上で「無料」で利用できるサービスの跋扈に対する…いや、サービスそのものではなく、利用者が無料になるには、それを補う「何か」が必ず必要なんだ、という警告でもあります。今回の出来事は。

一方、収益性を目的としていないサイトがあります。
Z会ではSNSの「パルティオゼット」。
https://zkai.com/partioz/
Z会の会員が中心となって利用するサービスです(Z会に資料を請求された方なども利用できます)。
他の事例として、会社内で活用される「イントラネット」内のコミュニティがそうですね。
サイトで収益を上げるわけではなく、利用者に有効に活用してもらえれば良い、というコミュニティサイト。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。