会議の効率は雰囲気で決まる <すごい会議 手順その1>

2009.03.24

経営・マネジメント

会議の効率は雰囲気で決まる <すごい会議 手順その1>

大橋 禅太郎

会社のパフォーマンスに決定的な影響を与えているのが「会議のムード」。 普通の会議よりも成果を出す「すごい会議」にする手順とは? 「会議室の雰囲気をたった3分で良くする方法」を説明する。

会議とは何をするところか?
会議の役割は、情報共有、問題提起、意見交換など
いろいろあると思うが、普通の会議より成果を出せる
「すごい会議」とは、次のようなところ。

1)意思決定をする場
2)約束を尊重する場
3)問題を解決する場

あなたの会社の経営のやり方をガラリと変える「すごい会議」になる手順について、
これからシリーズでお送りする。

~会議の雰囲気を3分で良くする方法~

会議室に入った途端に、”雰囲気”というのは感じ取れる。
いい雰囲気の会議だと、僕(経営者/リーダー)の調子がいいし、
悪い雰囲気だと、僕(経営者/リーダー)のパフォーマンスも落ちる。
そう、会議のムードが会社のパフォーマンスに決定的な影響を与えているのだ。

同じ業種でもずば抜けて業績の良い会社は、まず社長の雰囲気が違う。
なんていうか、本気な感じなのだ。
「本気」といっても、その現れ方は人によって違う。

社長(またはリーダー)が本気の場合、次のような2つのシナリオがある。

シナリオ1 : 社長の本気度合いにリードされて、会社全体の本気度が上がる。
シナリオ2 : 社長が 「みんな、なかなか僕の望むほど本気になってくれないんですよね」と嘆く。

本気? おおいに結構。
で、その「本気」を周りの人に上手に伝えるにはどうするか?
それによって、より本気の行動が起きるにはどうしたらいいのか?

僕が日々、多くの企業の会議室で行っている「すごい会議」は
まさにその、「本気」をサポートするしくみだ。

すごい会議 手順その1

うまくいっていることを全員に発表してもらう。


うまくいっていることを全員が発表すると、何が起こるか?

例えば、僕が通っている整骨院(恵比寿千手堂)の先生(女性)からこんな話を聞いた。

 「この間実家に帰ったら、その日は機嫌が悪かったのか
  お母さんの愚痴がとても多かったんです。そこで私が、
  『最近なにが、うまくいってる?』と聞いたら
  『そうそう田舎から新米が送られて来たのよ!』
  と、とたんに明るい感じになって話し始めたんですよ。」

これと似たようなことが、会議室でも起こる。
うまくいっていることを聞くと、会議のムードを良くする環境を作り出すことができるのだ。

では、「うまくいっている」とはどういうことか?

「起きた出来事」には、「達成」と「結果」の2つの考え方がある。
例えば「相手が4点、私たちが2点で終わってしまったサッカーの試合」という出来事1つをとっても、
以下のように整理することができる。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。