ゆとり教育、転換に2つの必要条件(後)

2009.03.11

ライフ・ソーシャル

ゆとり教育、転換に2つの必要条件(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

高等学校の新学習指導要領が9日発表されました。 「これで学力低下に歯止めがかかる!」 …少し安易な発想ではないですかね。 過去の検証から新しい施策を考察することは大切です。「ゆとり教育」「脱ゆとり」、教育に携わる自分なりの視点で。

本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

では、今回(=高等学校の学習指導要領の改訂)はどのように改訂されたか、と言いますと…

・(恐らくは)先生が(寿司屋の握り職人ではなく)「ファミレスのコック」であることを前提にした

・学習指導要領のミニマム・リクワイアメント性を取り払った

・英語は英語でを基本とする、など、個別性・具体性を伴った「明らかに“学力の高み”を目指す施策」を指導要領上に明記した

ということになります。
だから素人目にも「学力の向上」を目指している、と捉えることができるわけです。

しかし、これで「本当に学力向上がなし得るか」は別問題ですよね。
「ゆとり教育だったから学力が低下した」などというステレオタイプの視点は徹底的に避けるべきなのです。

たとえば…

前編を読んでいただければお分かりかと思いますが、「ゆとり教育」下でも総体的な学力向上が実現する可能性はゼロではなかったこと。少なくとも理念上は「ぜいたくな学力」を求めていたこと。
そして、実際に「ゆとり教育」下で「そうじゃなかった場合」に比べて伸び伸びと成長した子どももいるだろうと(理屈上は)推察できること。

また、「ゆとり教育」なんだから、「教えられる」という行為だけでは理解できない子どもをフォローする時間も(理屈上は)作られていたこと、そしてそれを実行に移していた先生もいるだろうと推察できること。

この辺の自分なりの考察なしに「これで学力向上する!」という結論を導くのはおかしな話なんです。

少しクリアーになった部分もあるかと思いますので、今回の改訂にはらむ「(さらなる)学力低下」へのリスクを1つ挙げると…

教えるべき内容が多くなった」と受け取る先生が多くなるため、当然授業の進度は速くなる。速くなってついていけなかった子どもが相当数でる。しかしその人たちを個別にフォローする余裕は(今の「先生」という職業を取り巻く環境を考えると)ない。
(もちろん、常に頑張ろうという姿勢は先生には大切ですが、それは別問題として)

つまり「詰め込み教育」と揶揄されていた時代に発生した「落ちこぼれ」が「ゆとり教育」施策時代より多く発生する可能性は(理屈上)格段に高くなります。

果たして…いわゆる「自子主義」といわれる、自分の子どものことしか考えない保護者で、「学力向上してほしい、だから今回の施策はウェルカム!」と叫ぶ人が、このリスクを提示されると…どういう反応するんでしょうね(苦笑)。

次のページ・日本社会に蔓延している責任転嫁型大人が居辛くなるよう...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。