W3CがアクセシビリティガイドラインWCAG 2.0を勧告として発表

2009.01.03

IT・WEB

W3CがアクセシビリティガイドラインWCAG 2.0を勧告として発表

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

ウェブの標準仕様を定める団体W3C(ワールドワイドウェブコンソーシアム)が、Webコンテンツのアクセシビリティに関するガイドライン「WCAG(Web Content Accesibility Guideline)」のバージョン2.0を12月11日にW3C勧告として発表しました。


高齢者や障がい者など、何らかの理由で通常のWebサイトではうまく利用しづらい人にも、こうすれば利用してもらいやすくなるというアクセシビリティの具体的なサイトへの適用の仕方や、正しくできているかの検証の仕方などが説明されているドキュメントです。

ちなみに、「W3C勧告」とは、その文書がW3Cによって承認され、内容が(いったん)確定したことを意味します。一般的な表現を使うと「正式版のリリース」ですね(ちなみに、その前の段階のものは、順に「ワーキングドラフト(草案)」→「最終草案」→「勧告候補」→「勧告案」と呼ばれます)。

WCAG 1.0がW3C勧告となったのが1999年5月ですから、約10年ぶりの改訂となります。WCAG 2.0の勧告に伴い、補助的な文書となる、「WCAG 2.0を満たすには」(クイックリファレンス)、「WCAG 2.0を理解する」(詳細なリファレンス)、「WCAG 2.0のためのテクニック」(開発者向けの具体的解説)などが、WAI(Webアクセシビリティイニシアティブ)から発表されています。WCAG 2.0の本文からも、それぞれの文書への参照が付けられていますので、併せて読むとわかりやすいでしょう。

同様にアクセシビリティの標準規格であるJIS X 8341が制定されたのが2004年でした。企業ではJISが制定されているのならばそれに従うのが良いと判断することが多いと思いますが、アクセシビリティに詳しい人に話を聞くと、「アクセシビリティに関してはJIS X 8341よりもWCGAを参照するほうが適切だ」という声を聞くことも多くなっていました。

実際にWCAG 2.0では、「よりテスト(検証)可能であること」が特徴となっているとのことです。自動化されたテストであれ人間が判断して確認するのであれ、より客観的に判断できるような内容になっているというのは、属人的なスキルに頼りがちなWebの世界にとっては望ましいことです。

WCAG 2.0での解説の基本は、次の4点。

・ ○認知可能であること
o 非テキストのコンテンツには代替テキストを提供する
o 音声やビデオのコンテンツにはキャプションを提供する
o 補助技術に対応した形式でコンテンツを提供する
o 見たり聞いたりするのに十分なコントラストを確保する

・ ○操作可能であること
o すべての機能をキーボードで利用できるようにする
o コンテンツを読んだり使ったりするのに十分な時間を与える
o 発作を引き起こすようなコンテンツを使わない
o コンテンツを見つけるためのナビゲーションを助ける

次のページ・ ○理解できること

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。