Google Analyticsで試してみたいアドバンスセグメントの設定の例

2008.12.16

IT・WEB

Google Analyticsで試してみたいアドバンスセグメントの設定の例

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日はアクセス解析のネタ、特にGoogle Analyticsを使っている人向けの情報です。 10月下旬に発表され、順次利用可能になっていた「アドバンスセグメント」と「カスタムレポート」の機能が、日本のアカウントの多くでも利用できるようになっているようです。

今日はアクセス解析のネタ、特にGoogle Analyticsを使っている人向けの情報です。10月下旬に発表され、順次利用可能になっていた「アドバンスセグメント」と「カスタムレポート」の機能が、日本のアカウントの多くでも利用できるようになっているようです。

わかりやすく解説すると、それぞれ、Google Analyticsのデータを次のように操作しながらアクセス解析のデータを確認できる機能。

* アドバンスセグメント――特定のデータに絞り込む
* カスタムレポート――特定の指標をクロス集計する

どちらも、Google Analyticsにログインして左側のメニューに出ていれば、使えるようになっています。

いくつか使い方のサンプルを紹介します。実際に操作しながら試してみてください。

*キーワード広告の広告グループやキーワードごとに、コンバージョンの価値や閲覧平均PV数と広告費のバランスをみるカスタムレポート
o [指標]には、左側の青い[指標]ボックスから次の3つをドラッグ&ドロップ
+ [利用状況]>[平均ページビュー]
+ [コンバージョン]>[目標の完了数]
+ [広告]>[費用]
o [ディメンジョン]には、左側の緑色の[ディメンジョン]ボックスから次の項目をドラッグ&ドロップ
+ [トラフィック]>[広告の種類]
o その[サブディメンジョン]に、左側の緑色の[ディメンジョン]ボックスから次の項目をドラッグ&ドロップ
+ [トラフィック]>[キーワード]

*直帰のユーザーでフィルタするアドバンスセグメント
o 左のボックス:[ユーザー]>[滞在中のページビュー]
o 条件:以下
o 値:1

*非直帰のユーザーでフィルタするアドバンスセグメント
o 左のボックス:[ユーザー]>[滞在中のページビュー]
o 条件:以上
o 値:2

*ビジネスアワーの訪問者にフィルタするアドバンスセグメント
o 左のボックス:[ユーザー]>[時間帯]
o 条件:以上
o 値:9
o 「and」ステートメントの追加
o 左のボックス:[ユーザー]>[時間帯]
o 条件:以下
o 値:18
※曜日ではフィルタできない模様

*はてなブックマーク経由の訪問者にフィルタするアドバンスセグメント
o 左のボックス:[トラフィック]>[参照元]
o 条件:正規表現一致
o 値:(?!(d|r|a)\\.)hatena.ne.jp
※少しおかしかったので修正しました(2008-11-11 23:33)
o 左のボックス:[トラフィック]>[参照元]
o 条件:先頭が一致
o 値:b.hatena.ne.jp
o 「or」ステートメントの追加
o 左のボックス:[トラフィック]>[参照元]
o 条件:先頭が一致
o 値:hatena.ne.jp
o 「or」ステートメントの追加
o 左のボックス:[トラフィック]>[参照元]
o 条件:先頭が一致
o 値:www.hatena.ne.jp

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。