プロに勝つクラウドソーシング

2008.10.31

IT・WEB

プロに勝つクラウドソーシング

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

工業デザイナー、奥山清行氏は、 次のようなことをある講演でおっしゃっています。   “アマチュアのひとつのアイディアのひらめきには  プロもかなわない。  しかし、プロは1万倍の努力を1万回続けて、その中から  たったひとつのベストを選ぶことができる。  組織やチームといった仕組みを駆使して、  アマチュアのひらめき以上のものを作り出すのがプロだ”

つまり、プロは圧倒的な努力(圧倒的なトライ&エラー回数)
によって成功確率を高め、常に一定以上の成果を維持している
ということなのだと思います。

そういえば、天才エジソンが数々の発明に成功したのも

“1%のひらめきと99%の汗(努力)”

でしたね。

エジソンや奥山氏のような天才には、
アマチュアが10人、いや100人束になっても
敵わないでしょう。

しかし、束になるアマチュアの数が、

千人、1万人、10万人・・・

となれば話が違ってきます。

1人ひとりのひらめきはポツポツとしか出なくても、
集団全体として見ると、相当数のひらめきが創出されている
状況となるからです。

実際、このような仕組みが
インターネットを活用して実現可能となっています。

「クラウドソーシング」

と呼ばれる仕組みです。

すなわち、「群集(クラウド)」のパワーを
活用するわけです。

さて、リクルートの研究機関、

メディアテクノロジーラボ(MTL)

では、今年(08年)8月から、
クラウドソーシングを応用した実験サイトを
立ち上げています。
(日経産業新聞、2008/10/29)

このウェブサイト、

「みんなのクリエーティブエージェンシー C-TEAM」

には、誰もがクリエーターとして登録可能。
バナー広告制作のコンペに参加できるというもの。

9月末時点のクリエーター登録者数は約1,200人だそうです。
(日経情報ストラテジー、DECEMBER 2008)

クリエーターとなった人たちは、
広告主(現在はリクルートの各媒体)の依頼に基づき、
バナー制作に必要なロゴ素材をダウンロードしたり、
自分でキャッチコピーを考えます。

バナーの対価は500ポイント。
また、クリック率上位のクリエーターには、
賞金ポイントが与えられます。
(現金に交換可能なポイントです!)

こうして、様々な人が制作したバナー作品は、
リクルートが購入したポータルサイト

「goo」

の広告枠に一定期間されます。

そして、クリック率の高い、つまり、
閲覧者の行動を引き出す効果の高いバナーは、
他のバナーよりも露出回数が増やされます。

また、飽きられたため、
クリック率が低下したバナーの露出回数は
減らされます。

すなわち、寄せられたバナー作品全体で
クリック率が最も高くなるような

「バナー掲載最適化」

が図られているというわけです。

その結果、あるテストケースでは、
バナー広告掲載の最適化前後でクリック率が

1.7倍

と改善。

また、クリックしてアクセスした広告主のサイトで、
実際にサービスを利用するなどの行動に結びついた率も、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。