リンク先を別ウィンドウで表示しない

2007.06.14

IT・WEB

リンク先を別ウィンドウで表示しない

赤秀 有為
エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

Webページのリンクをクリックすると別ウィンドウ(あるいはタブ)が開く事について、いまどきのWebユーザビリティ観点から解説する。

■基本的にはNG


「別サイトへのリンクについては 別ウィンドウで表示させる」というルールのWebサイトがとても多い。
Webサイトのオーナー側としては、リンク先の別サイトページを表示した後も 元の自サイトページへの意識を繋ぎ止めたい気持ちはわかる。

但し、最近では 別ウィンドウで開くか否かはユーザに選択権を与えるべきという意見にまとまっている。
最近のブラウザでは、「別ウィンドウ」で開くか「別タブ」で開くかまで選択できるので。

---------------------------------------------
参考:W3Cの勧告「Web Content Accessibility Guidelines 1.0」

Until user agents allow users to turn off spawned windows, do not cause pop-ups or other windows to appear and do not change the current window without informing the user.

(ブラウザ等)ユーザエージェントで新しいウィンドウを開かない設定ができるようになるまでは、ユーザに知らせることなしに新しいウィンドウを開いたり、現在のウィンドウを変更しないようにする。
---------------------------------------------

技術的な動向としても、HTMLファイルに、とマークアップし、別ウィンドウ表示が一般的である。
要素のtarget属性は、HTML4 Transitionalで非推奨となっており、HTML4 Strict、XHTML1.0 StrictおよびXHTML 1.1では完全に抹消された。次世代の(X)HTMLでは 使用不可になる方向である。

■PDFファイルへのリンクは?


PDFファイルへのリンクについては、賛否両論がある。
Webユーザビリティの権威であるヤコブ・ニールセンのユーザビリティテスト結果によると、PDFファイルを開き閲覧し終えると 「戻るボタン」を利用せずに 右上の「×」マークをクリックしてブラウザを閉じてしまうケースが多数との事。よって、PDFファイルへのリンクは 別ウィンドウで表示すべきとの意見である。

筆者の意見としては、別ウィンドウで開かない派である。
リンク先の媒体(HTML、PDF、Word等)は何であれ、同一ウィンドウ表示で統一されている事が ユーザにとって、操作上 わかりやすくて 優しいと考える。

次のページ■入力系ページは?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

赤秀 有為

エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

1973年 千葉県生まれ。慶應義塾大学 環境情報学部卒。IBM/サン・マイクロシステムズ/PwCコンサルティング社にて、いずれもコンサルタント職として計10年在籍。その後、エフィジェント社の代表コンサルタントとして、新規事業立ち上げ支援やBPR/ERP導入支援を遂行。現在、BPR経験と業務ミドルウェアソフトでの開発経験を活かし、RPA導入支援に注力。 *UiPath社認定 RPA Developer Foundation Diploma 資格保有

フォロー フォローして赤秀 有為の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。