社員のモチベーションを高める報酬制度 - パート2

2008.10.23

組織・人材

社員のモチベーションを高める報酬制度 - パート2

奥山 由実子

前回は、社員のやる気を高めることの重要性と 非金銭的報酬の活用の有効性についてお伝えしました。 今回は、「社員の特性に合わせた効果的な報酬」についてお送りします。

社員のやる気を向上させるために報酬制度
(金銭的/非金銭的報酬の両方を指す)は効果的です。
しかし、社員の特性を理解せずに会社の判断で
一方的な報酬の方法をとってしまっては、
時間とエネルギーの無駄遣いになります。

報酬制度を有効的に活用するためには、
まずは社員の特性を知るところから始まります。

2006年10月、米国のMARITZ社が社員の特性についてリサーチし、
「Six Distinct Employee Types Based On Reward Prederences」
 (6つの報酬タイプ別社員)を発表しました。

興味深いデータですので、日本語に訳し紹介したいと思います。

このデータはアメリカ全土からアトランダムに選出された
正社員1003名(男性501人、女性502人、
対象年齢は18~65歳)を分析したもので

会社がより効果的に報酬を提供できるように
社員の特性を報酬のタイプ別に合わせて6つに分類しました。

================
1. 報酬狙い方 … 22%
================
◆特性◆
金銭的報酬とトロフィー(周囲からの認知)の両方を
求める人々のグループ。他の人の助言者となったり、やり
がいのあるプロジェクトを任されることなどに興味なし。

◆好きな報酬◆
ギフトカード、旅行。

◆タイプ◆
若い社員。58%が女性。

================
2. 巣作り動物型 … 20%
================
◆特性◆
生活と仕事のバランスが重要。家族を離れての社員旅行や
会議へ出席の機会などに興味なし。家族と時間を過ごせる
ような報酬を最も好む。

◆好きな報酬◆
休暇、自由な出勤体制、家族とのディナー

◆タイプ◆
高い年齢層。54%が男性。

================
3. 合理主義者型 … 19% 
================
◆特性◆
トロフィー(周囲からの認知)や褒められることは
興味がなく、金銭的報酬に最も関心のあるタイプ。

◆好きな報酬◆
現金ボーナス

◆タイプ◆
一般的に仕事への不満が高い。59%が女性。

================
4. 自由人型 … 17%
================
◆特性◆
柔軟性を与えることによる喜びが高いタイプ。
すでに自由裁量、金銭的満足、安定感を
獲得している高役職層に多い。

◆好きな報酬◆
柔軟な時間、ゴールを達成する方法を選ぶ自由、
面白くてやりがいのあるプロジェクトを選ぶ権利と
会議に出席する機会

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。