人は変えられない、目標は伝わらない、人は管理できない。

2008.10.21

ライフ・ソーシャル

人は変えられない、目標は伝わらない、人は管理できない。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

タイトルは、「日経ビジネスオンライン」で連載中の、品川女子学院、漆紫穂子校長の言葉より引用しました。

タイトルの言葉が掲載されている「日経ビジネスオンライン」はこちらの回です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20081007/172917/

「考えていない」という他人の心や姿勢を考えるようにさせることは、本質的には無理と決め込んでしまうのが、今のあなた様にとって大切なことのような気がします。
…といって、「諦めよ」というわけではなく、

「まず、“他人の”“心を”変えようとする発想法を変えてはいかがでしょうか」

と提案いたします。

まず…他人は変えられません。
ましてや「教育しよう!」なんて思ってはいけません。

変えられるのは、あなた自身です。

ITとは縁の遠いところ(知識自体も大変薄いところ)から、Web関係の仕事をリーダー的に任されるようになるまで、僕自身が歩んできた過程で感じるのは、

「SEの“はっきりしてほしい”という他への要望と、他のSEへの要望には一般的にコミュニケーション不全が起きている」

ということ。SEのあなたにとっては“はっきりしてほしい”ことであっても、他の人にとっては“何をしていいかわからない”という、いわゆる「ITチック」なこと、多々あるかと思います。

昔、高校数学の教材作成を担当していたころもあったのですが、この際は

高校生:「数学わかりません」
僕:「どんなところがわからないの?」
高校生:「…なんとなく」

というのも日常茶飯事でしたし。

「わからないのがわからない」「やりたいことを表現できない」というのは、仕方のないことだと思うんです。

そこであなたが、少しでも相手の「やりたいこと」を引き出せるようになるのが先決です。
そのために大切なことは、

「代替案を出せる」「例示できる」

そんな自分になることかと思います。

具体案を出せば、基本的に相手は「はい」か「いいえ」の選択を迫られます。
そこで乗ってきそうな瞬間を見抜いて、どんどん攻め込む。
この駆け引きを、何度も繰り返すことをオススメ致します。

ここで注意して欲しいのは「心」を変えようとしないこと。
「心」は変わらないんです。
変わるのは「行動」、つまり、

「実際に相手の行動(言動)が変わるにはどうしたらいいか?」

のみに最大級の集中をして会話を交わしてみてください。

最後に、経験上ですがー

自分が幸せそうに、楽しそうに仕事をしていれば、自ずと周りも変わります。

まずは、自分にできることから、始めてみてください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。