【インサイトナウ編集長対談】小さな積み重ねこそが目標達成に近づく

2024.06.03

経営・マネジメント

【インサイトナウ編集長対談】小さな積み重ねこそが目標達成に近づく

INSIGHT NOW! 編集部
インサイトナウ株式会社

目標達成コーチとして「3ケ月で夢を実現できるメソッド」を発信し続けるなど、多方面で活躍される永嶋泰子さんに、その独自のメソッドについてお話をうかがいました。(聞き手:猪口真)

お相手:永嶋泰子(目標達成コーチ)

目標設定とは、自分の中でこうしたいと思うことを手帳で言語化して、日々積み重ねていくこと

猪口 永嶋さんの目標設定のメソッドはどのようなご経験から作り上げたのでしょうか。

永嶋 「自分自身のありたい姿に向かう」ということを知ったのは、30代前半にリクルートに転職して人材開発に関わっていた頃です。そこで仕事として組織作りをしていた時に、ありたい姿に向かっていく方向があることに気づいたのがひとつです。

2つ目は、33歳の時に生後29日で娘を亡くした経験をしたことです。とても大きな出来事でした。どん底で自分が本当はどうしたいのかを考えた時、もう一度お母さんになりたいと思いました。その後妊娠したのですが、今度は切迫早産で5カ月間管理入院することに。入院中は寝ているだけで、できることも限られています。自分のメンタルを保つため、出産予定が春頃だったので、桜が咲くまで頑張ろうと思うようになりました。それから頭の中で、無事に赤ちゃんを産んで、主治医やお世話になった助産師さんに「ありがとうございます。おかげでこんなに元気な赤ちゃんを産めました」とお礼を言っている姿をイメージしました。すると、イメージどおりに出産することができたのです。人はどん底であっても、そこから自分なりに希望を見出していけば、そのとおりに進むことができるのではないかと気づいたのがその時でした。

その後広島に引っ越したのですが、また東京に戻りたいと思った時、私のメソッドにもっとも影響を与えた、『12週間の使い方』(ブライアン・P・モラン 、マイケル・レニントン著)という本に出会います。この本を読んで、私が娘を亡くしてどん底から立ち直った時のプロセスと似ていると思いました。こうありたいというビジョンを持って、それに向かって日々どのような行動をしていくのか考える。それで気づいたのです。目標設定とは、自分の中でこうしたらいいと思うことを手帳で言語化して、日々積み重ねていくことであって、その繰り返しの先に自分のありたい未来が叶うのだと。

猪口 日々の繰り返しこそが重要だと。

永嶋 ほとんどの方はおそらく、目標をクリアするためには何か大きな行動をしないと達成できないと思っているかもしれませんが、実は違います。私は41歳で広島から東京に正社員で転職しました。子どもがいて転職するのはかなりハードルが高く、しかも地方から東京だとなおさらです。その中でまずは面接官の目に留まる履歴書を書くためには、自分の経歴を相手に分かりやすく伝えることが大事だと考えました。例えば、分かりやすいキャッチコピー作り。とはいえいきなりは作れないので、雑誌でいいなと思ったキャッチコピーがあったら書き留めて、履歴書に活かせないかを考える。その繰り返しをしていく中で、書類選考が10通出して0だったのが1割に上がり、東京に呼ばれるようになり、面接に行き、内定をいただくことができました。そのような小さな積み重ねこそが目標達成に近づくのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

インサイトナウ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。