これからはマーケティングだ!と言う前に。

2008.08.15

営業・マーケティング

これからはマーケティングだ!と言う前に。

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

経営者・リーダーというのは、いろいろなことを言って社員に前を向かせて、組織を動かしていかなければなりません。 そんな時、よく見かける経営者・リーダーのスローガンは、「これからはマーケティングだ!」です・・・。

 「マーケティングが大事なんだろう!」と幹部を叱責する経営者を私は何度も見たことがあります。そして、マーケティング力強化プロジェクト、と銘打った業務改革プロジェクトもたまにあります。

 そのスローガンに対する具体的なアクションでよくあるお話しとしては、市場調査をやたらとするようになって、データが会社に溢れたりといったことがあります。
 
 いや、溢れるならまだいいですが、マーケティングと名前のつく部門を作ってみたら、その部門のスタッフが自社の商品が売っている店舗に行って、アンケート調査をして、リーダーに報告してみたりします。

 

リーダーは頭を抱えます。「それでどうしろと言うんだ・・・」と。

 もしくは、広告宣伝がマーケティングだ!と言って広告宣伝予算が増えたり、またある時は、いつもどおりの営業マンへのプレッシャーが「マーケティング力を強化するんだ!」という言葉とともにかけられたりもします。

 マーケティングとは何でしょうか?「売れる仕組みを作る」と言う人もいます。

 またある人は「集客」に集約して、マーケティングという言葉を使います。

 またある人は、「商品を作り出すこと」をマーケティングと言ったりします。

 私が一番汎用性があると思うマーケティングの定義は、米国マーケティング協会のものです。本質だけを取り出して翻訳すると、「持続的な交換活動を生み出すための総合的な活動」になります。

 商売を交換活動として捉えるのがマーケティング概念の特徴です。靴屋さんであれば、自社の靴とお客さんのお金を交換していると捉えます。

 こういった交換を生み出すためにやることは、何でしょう?新しい靴を考えることも必要ですし、どう作るのか?を考えることも、どう宣伝するかも重要です。そして、対面でどのようにオススメするのかというのも大事ですね。

 商品を考えてお客さんに届けるまでの一連のプロセスが全てマーケティング活動なんですね。

 そして、時代によっても大事なことは違います。

 作れば売れる時代というのが、どの商品にもあります。

 その時代は、ただ、ひたすら作り続けることがマーケティング活動において、一番重要です。それが一番儲かります。

 ちょっと前までは、携帯をタダで配っていましたが、契約者数はうなぎのぼりに増えてましたよね。NTTドコモがどんどん成長していた頃です。

 ただ、しばらくすると作るだけでは売れなくなります。そうすると、何か機能的に違ったものを商品に付加することで、売れるようになります。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。