勝手広告。これこそが企業広告の原点(後)

2008.06.30

営業・マーケティング

勝手広告。これこそが企業広告の原点(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

Z会が「勝手広告」制作の神酒大亮氏を特集するTV東京系番組「うぇぶたま3」の広告素材として取り上げられます。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

2.自社の製品・サービスに対する愛着と自信

第三者に広告を作ってもらう、という行為だけ見ると、

・企業として伝えたいことが反映されないのではないか
・企業として伝えたくないことまで反映されるのではないか

だから、といって嫌がる方も多いかと思います。

まず、前者なんですが、これはその通りだと思います。
本当に「そのとき」に伝えたいことがあるのであれば、最初から企業の意思を反映させるためにお金を払い、企業の意思による広告を作るべきです。

しかし実際、“「そのとき」に伝えたいことがあるのであれば、最初から企業の意思を反映させるためにお金を払い、企業の意思による広告を作る”という原理原則をしっかり弁えている広告宣伝担当者が世の中にどれくらいいるでしょうか…

商材・サービスがそこまで劇的に変わらないのに、すでに広く伝わっている商材・サービス、ないしはブランドを再認知させるために、多額の費用をメディアバイイングに使用し、そこから「こういうことがお客様に伝わっていないのではないか」という自己満足な仮説を立て、代理店経由でCMを作らせ、費用対効果が悪いのに「他に方法がない」と言い切る…

こんなことがまかり通っているのが現実ではないでしょうか。

まず、新しい商材・サービスを作ること、
せっかく作ったものなのだから「広く告げる」(=広告する)こと。

これが広告の基本です。

そのための費用であれば、多額のメディアバイイングとしての支出もアリでしょう。
多量広告投入により加速度的に認知を生まなければいけませんから。

そして、新しい商材・サービスが生み出せていないのであれば…
「企業として伝えたいこと」はほぼ伝わっている、そのモレをどうなくすか、という費用対効果を最小限に抑える戦法が筋なんではないかな、と思います。

Z会の商材・サービス、あるいはブランドの認知は(新しいもの以外は)ほぼ伝わっていると思います。
だったら、その商材・サービスを第三者が勝手に宣伝することは、企業として伝えたいことを伝え、費用を抑える、企業からすると感謝・感謝以外の何物でもない行為ですよね。

加えて後者。「伝えたくないことを伝えられたらどうする!」という反論。

反論の反論。

「(積極的に)伝えたくないことを、強烈なイメージとしてお客様に抱かれている企業なんですか?おたくの会社」

次のページ3.信頼によるショートカット

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。