コトバって難しい~オフラインnewsingより~

2008.05.24

ライフ・ソーシャル

コトバって難しい~オフラインnewsingより~

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

先日、ソーシャルニュースサイト“newsing”のオフ会に行ってきました。 そのとき、グループワークがあり、僕もアイディアを出したのですが…

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

オフラインnewsingのグループワークでやったことがこちら↓で取り上げられています。
http://announce.newsing.jp/2008/05/2newsing_1.html
「こんなニュースサイトがあったらいいな」とみんなで考えたんですね。

上記報告で上がっている「その7」の事例。
==========
あなたの  大嫌いなヤツ  も普段から使っているニュースサイト。

それは  見たくないものを見る  機能があるので、

自分自身の性格変革  が可能になったからのようです。

そのニュースサイトの名前は…  シーザー 
==========
これ、実は僕が書いた例です。
グループ内でもなぜか!?好評で、グループ発表の代表事例に選ばれました。

ただ、僕が書いた意図と、皆さんが「いい!」と感じた理由は違っていたんです(今だから話せますが。笑)。

「人間は自分の見たいものしか見ない」

シーザーの名言です。

ニュースを見るときも同じだと思うんですよ。
いろいろ情報を追っかけているように見えて、無意識のうちに自分の興味関心の高いものしか見なかったり、「そう思いたくない」ニュースを排除したり。

となると…たとえば自分が「○○をやるために、この人をどうしても説得しなければいけない」という場面で、その人がいくら言っても、自分の提示する証拠やデータに納得しないとき…
その人は、自分の提示したものに向かい合う姿勢を無意識に排除しちゃっているんではないかと。

で、そういう人は、「大嫌いなヤツ」かと(苦笑)

つまり、自分が見てもらいたいと思っているニュースに対し、無意識に拒絶反応をして「見ない」という姿勢をとっている人に、しぜーんと見てもらって、その上で今までのその方の考え方になかった新しい見方・考え方が身について、いつの間にかその人自身が変革している…
そんなニュースサイトがあったらいいなーと。
(あえて象徴的に「大嫌いなヤツ」という表現も使ったわけですが)

しかし、僕のこのニュースサイトが評価された理由は違いました。

他の方が「これいいねー」と言ってくれたのは、大嫌いなヤツが見ているサイト、だから自分は見たくないサイト…
そんなサイトの情報をいつのまにか自分に知らせてくれて、自分が「見たくない」と思っていた情報を無意識的に知り、自己変革につながるー

そういうサイトをイメージされたんですね。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。