自己の客観視をすることが成績upの近道!

2008.05.25

ライフ・ソーシャル

自己の客観視をすることが成績upの近道!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

本サイトにも投稿させていただいた「子ども格差」についての記事に、Z会の2年目社員4名が想いを綴ってくれました。 そこに見えた共通する考えは…。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。
また、格差問題についての前回の記事は
http://www.insightnow.jp/article/1370
になります。

『R25.jp』のRanking×Review
http://r25.jp/magazine/ranking_review/10003000/1112008051505.html
こちらの記事を読んで、「格差」について、入社2年目の社員にいろいろ考えを述べてもらいました。

<はしもり さん>
=====
以前、深夜まで塾に通う大都市圏の小学生を追ったドキュメンタリーを報道番組で見ていたときに、「東大に行きたい!」と即答する小学生が、「じゃあ将来何になりたい?」とレポーターから質問されると、「・・・。」となっていた場面がありました。

その子達は、果たして何のために勉強しているのだろうと疑問に思いました。
都市圏で加熱する受験競争。その“主役”たる子ども達が一番翻弄されているのではないかとも思うことがあります。一番大切なのは、その子達自身が将来をどう見据えているかだと思うのです。
=====
※全文はココから↓
http://www.zkaiblog.com/httk/archive/17

<つじの さん>
=====
そもそも私は「格差社会」という言葉にとても違和感を覚えます。
確かにいろいろな面で「差」が大きくなっているのかもしれませんが,決してそれは今に始まったことではなく,昔からすべての人に「差」があることは厳然たる事実です。
自分自身,小さい頃からそう教えられ,またその格差を実感してきました。
しかし,それを嫌だと思ったことはありませんし,自分が生まれてきた環境を受け入れ,その中で一生懸命生きてきました。
それが当たり前だと思っていましたし,今でもそれは正しいことだと思っています。

だからこそ,「格差は許せない。格差を広げた政府や社会が許せない」という論調には違和感を覚えるのです。
自分自身は何もせず,社会など何か大きなものだけのせいにする,という姿勢。
それは子どもたちに一番見せてはいけない姿勢ではないでしょうか。
=====
※全文はココから↓
http://www.zkaiblog.com/httk/archive/18

<たかぎしんたろう さん>
=====
「入試ほどフェアな戦いはない」というのが私の第一の意見です.

次のページ自分の立つ位置を客観的に見つめることが大事、という考え...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。