父親の威厳を保つことと、ファッションの関係!

2008.06.04

ライフ・ソーシャル

父親の威厳を保つことと、ファッションの関係!

唐澤 理恵
株式会社パーソナルデザイン 代表取締役

今年も6月15日が父の日です!それに先立ち、6月3日グランドプリンスホテル高輪で第27回目を迎えるイエローリボン賞【ベスト・ファーザー】の発表授与式が行われました。日本メンズファッション協会の主催で、今一番輝いている各界のステキな父親像を選抜するイベント。これにより父親が見た目も内面もステキに輝き、威厳を保つことができる?! それを願ってやまない私です。

今年3月に赤坂サカスにオープンした「働く男のための身だしなみ空間」PDSパーソナルデザインスタジオには毎日ステキな男性が尋ねてくださいます。

中でも、結婚を控えたカップルが来られました。自分だけではなく新郎もステキに輝いて結婚式を迎えてもらいたいという新婦に手を引かれての来店です。

また、奥様方に連れてこられたご主人たち、3組のご夫婦グループ! いつまでもステキでいてもらいたいという奥様の願いによって来店されました。とっても盛り上がったイベントでした。

さらに、6月15日の父の日のために「顔力マッサージ」という顔のツボやリンパを刺激し、眼の疲れや顔のむくみをとるマッサージのギフト券を購入される方も見受けます。

フジテレビのある番組で「亭主改造計画」的におふたりのご主人を奥様のご希望によりステキに変身させたときのこと。おひとりのご主人の小学生になる息子さんが父親参観日にお父さんに来て欲しくないとのこと。

なぜか?

お父さんが格好悪いから・・・だそうです。

こう息子さんに言われてしまえば、お父さん、立つ手ないですよね。

しかし、ステキに変身後、息子さんが一言。
「参観日にきてください。」だって!

子供って正直で素直です。

さて、ここ数十年、父親の威厳がなくなってきたといわれ、その存在価値をどう表すかが父親側の問題とされてきました。

亭主元気で留守がいいとか、主人の洋服にお金を使うのはもったいない!などとよく聞くセリフでもありました。

ところが、昔はどうだったのでしょうか。

考えてみると戦前の父親像といえば、ビシッとした着物姿で背筋を伸ばし書斎で書き物をする。家族での食事でも子供達がイヌ食いをしていると父親がビシッと注意したともよく聞きます。

初めての欧州訪問した日本人たちがヨーロッパを闊歩したその姿をみたヨーロッパ人たちが威厳あるその姿に感動したという外国人による手記も残っています。

しかし、今では家で猿股やステテコ、最近ではジャージ姿でテレビの前に横たわる父親、疲れた背広で会社から酔っ払って帰ってくる姿。戦後そんな父親像になってしまったわけです。(もちろん、すべてではありませんが・・・)

そんな社会的な問題を少しでも緩和しようという文部科学省の後押しもあり、
MFU社団法人メンズファッション協会とFDC日本ファーザーズ・ディ委員会が主催となり、毎年各界からベスト・ファーザーズ賞を選出しています。

総称して、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

唐澤 理恵

株式会社パーソナルデザイン 代表取締役

「自分らしさをデザインする。」をコンセプトに、独自のパーソナルアイデンティティ分析を基に業界・業種・役職に合った「自分らしさ」をスタイリスト、ヘアデザイナー、ボイストレーナー、演出家ほか各種スペシャリストとともに演出をサポートしています。ビジネスパーソンのためのパーソナルプロデューサー、が肩書きです。

フォロー フォローして唐澤 理恵の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。