「伝える」と「伝わる」を理解するための図解講義

2021.07.27

仕事術

「伝える」と「伝わる」を理解するための図解講義

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

2者間のコミュニケーションにおける「伝える/伝わる」の面白いところは、2つの創造を越えねばならないところです。第1に送り手の「発信・表現」という創造があり、第2に受け手の「受信・読解」という創造があります。送り手側のコミュニケーション技術だけが進んでも、受け手の読解力が育たなければ、豊かで厚みのあるコミュニケーションは生じません。

メッセージは相手の中に「つくり出され」なければならない

いまあなたの手にはおまんじゅうが1個あります。これをほかの人にあげたいなら、「はい、どうぞ」とそれを手渡しするだけで完了です。ところが、いまあなたの考えていることをほかの人に伝えたいと思うなら、そう簡単にはいきません。「伝える」とは、自分の内にある考えや思い、それに帯びるエネルギーを他者に届けることです。

コミュニケーションの難しさを体感する遊びとして「伝言ゲーム」があります。オリジナルのメッセージをいかに正確に隣人に届けていくか。メッセージの伝達は物の受け渡しと違い、その都度その都度に、メッセージを受け手の頭の中に生成させなければなりません。そこが難しいところです。

「伝える/伝わる」ことを概括する図を下に示しました。「伝える」ことの成功は、〈1〉「送る内容」と〈8〉「つかむ内容」がほぼ一致することにあります。そのために、送り手はどう表現しようか、どんな情報にまとめようか、どんなメディアを使おうか、文脈はどうか、相手の反応はどうか、などを考慮します。


では、その「伝える/伝わる」プロセスを図にそって詳しくみていきましょう───

〈1〉「送る内容:メッセージ」が送り手の内に生じる

  ↓

送り手はそれを〈2〉「発信する」。発信はさまざまな表現形態をとる。言葉で言ったり、書いたり、絵を描いたり、無言でにらめつけたり。これが「第1の創造」。

  ↓

発信(表現)されたものは〈3〉「情報」となって送り出される。

  ↓

情報を送り届けるために、さまざまな〈4〉「チャネル・メディア」を用いる。チャネル(経路)は例えば、「直接対話」「テレビ放送」「著書出版」「ネット告知」など何を通じて伝達するか。メディア(媒体)は例えば、「本」「CD/DVD」「新聞」など何に内容を収めて伝達するか。

  ↓

受け手はチャネル・メディアに乗った情報を〈5〉「受信する」。受信は送り手からの情報を読み解く作業であり、理解、把握、解釈、推測、察知など。これが「第2の創造」。

  ↓

受け手は受信するさなかに、さまざまな反応をみせる。その〈6〉「フィードバック」は送り手に影響を与える。

  ↓

送り手と受け手のやりとりの背景には〈7〉「文脈」がある。

  ↓

こうした過程を経て、受け手の内に〈8〉「つかむ内容」が生じる。

「伝える→伝わる」ためには2つの創造が要る

伝えたいことがきちんと伝わるために、送り手はいろいろなことに留意せねばなりません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。