若者からの意見~教育とビジネスは相反する!?(1)

2008.03.25

仕事術

若者からの意見~教育とビジネスは相反する!?(1)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

先日、以前にZ会のサービスを受けたことのある若者からご意見を頂戴しました。まずはその意見の引用から。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

=========
教育とビジネスって難しいですよね。私は、相反するものだと思っています。

★社員のことを考えたとき…
教育を一般企業でやろうと思ったら、 子供たちから、受講料なり教材費として頂いたお金で社員の給与がまかなわれている。
社員のためを思って給与水準を良くしようと思ったら 会員数を多くしたり、顧客単価を上げて企業収入を多くしなくてはならない。
そのお金は、あくまでも、子供が判断して出したお金ではなく、「親の」お金です。
それは、子供たちのため?誰のため?

じゃあ、子供たちからお金は頂かず、 教育をボランティアやNPOで教育をやろうと思ったら、スタッフが大変。
いくらモチベーションが高くても、 必要な所に必要なモノが配給されなければ、続けることは厳しい。

★生徒のことを考えたとき…
親切丁寧な指導は、本当にその子供たちのためになるのか?手取り足取りではなくって突き放した教育も、必要。。。。

なんだか、上手くまとまらないのですが、教育って難しいなぁ、(難しく考えてしまうなぁ)と思ってしまいます。。。。
==========

教育について真剣に考えている姿がうかがえますね。

一方で、若いうちに教育を考えるとよくありがちなのですが、
「自分は教育についてよく考えているんだ」
という思い込み、あるいは自分に対する思い入れ(とでもいいますか)により、他の社会における様々なことに盲目になっている姿も見受けられます。
私自身もそんなとき、ありましたから。
真剣になるが余りに。

そんなわけで、教育とビジネスについて、しばらく考えてみたいと思います。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。