インプットだけで満足していない?陥りがちな「学びの罠」3つ

画像: © 2020 iStockphoto LP

2020.07.07

経営・マネジメント

インプットだけで満足していない?陥りがちな「学びの罠」3つ

グロービス 経営大学院

前回(https://www.insightnow.jp/article/10912)は、なぜ今ビジネスパーソンの「学びの重要性」が高まっているかについてお話しました。 しかし、いざ気合いを入れて学び始めてみても、イマイチ結果が出ていない...そんな方もいらっしゃるかと思います。 そこで今回は、学ぶときに陥りがちな「学びの罠」を3つご紹介します。

学びの罠①:目的意識があいまいなまま

続かない英会話

たとえば、「最近は英語が重要だと言われているから、いつ使うかわからないけど、今のうちに英語を学んでおこう」と考えたとします。
そこで英会話の塾に通ったり、オンライン英会話に申し込んだりしたとしても、継続しないことには実力は身につきません。

結局「結構お金をつぎ込んだのに、無駄になってしまった」と嘆いて、ドロップアウトしてしまう。
このような例を、日ごろよく耳にします。

これは、体を鍛えるためにジムにいくときも、ビジネスリテラシーを高めるために中小企業診断士の勉強を始めるときも、同じことがいえます。

「何のために学ぶのか」を明確にする

学びがなかなか継続できない理由は、目的意識が不明確だからです。

ただでさえ忙しい日々の中で、学び続けることは非常に困難なものです。
そんな中、明確な目的意識がないまま、何となく学び始めても、なかなかパワーが湧いてきません。

学び始めるときには、次の問いに明確な答えを出しておくことが極めて重要です。
「何のために、これを学ぶのか?」
「これを学ぶと、自分のキャリアにどう繋がるのか?」

実際に具体的な目的を書き出してみて、学んでいく中で時々書き直してみるとよいでしょう。

以上が、学びを継続させるための1つ目のコツです。

学びの罠②:忙しさを言い訳にする

先ほどの例に加えて、何かを学び始めても、日々の忙しさを言い訳にして、学びをストップさせてしまうシーンも多く見かけます。

「忙」は、「心」を「亡」くすと書きます。
忙しい病にかかってしまうと、そこから一歩も出れれなくなってしまう。

しかし、忙しいのは当たり前です。
グローバル化が進んでいく中、ハングリー精神が極めて強い国々のビジネスパーソンと勝負する機会がどんどん増えています。
日本人である私たちが、日本人の枠の中で「隣の人よりもちょっと頑張っている程度」のレベルでは通用しなくなります。

忙しいことを大前提としたうえで、自分の時間やエネルギーをどれくらい学びに投じることができるかが、勝負の鍵となります。

学びの罠③:インプットしっぱなし

読書などを通して大量の情報をインプットして物知り博士になったはいいものの、明確な自分の意見を出せないままではどうしようもありません。

どれだけインプットを頑張っても、今では誰もがスマホを持っており、常に情報にアクセスできます。
情報を持っているだけでは、周囲と差別化が図れないのです。

インプットすることはもちろん大事ですが、インプットした情報に対する解釈や自分の意見を捻り出さないと、価値ある学びには繋がりません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

グロービス 経営大学院

グロービス経営大学院は、『創造と変革』を生み出す次世代のビジネスリーダーの育成・輩出を目指す、国内最大のビジネススクールです。 オンラインと5キャンパス(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡)と双方で受講することができ、国内外から20~40代と幅広い年代のビジネスパーソンの方が学ばれています。 【◆自分らしいキャリア&生き方を実現するWebメディア⇒https://mba.globis.ac.jp/careernote/】

フォロー フォローしてグロービス 経営大学院の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。