コロナ禍が問いかける、「テレワーク」の評価と今後。

画像: Dick Thomas Johnson

2020.04.22

組織・人材

コロナ禍が問いかける、「テレワーク」の評価と今後。

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

今回のコロナ禍は、「働き方」をどこまで変えることになるのだろうか。

テレワークが一気に進み、これだけ肯定的な反応が多い以上、働き方は不可逆的に大きく変わるだろう。企業はまず、働く場所や勤怠管理の変更に対応していくことになるが、それらに関係する、評価の基準や方法にも手を付けざるを得なくなる。評価が変われば、給与制度や等級・役職制度もそのままとはいかないだろう。制度改定の過程で、「労働時間に対応した賃金の支払いを義務付けている」労働法制が最大の足かせとなる可能性も少なくないので、後々、振り返ってみれば、今回のコロナ禍が労働法制の大改定のきっかけだったとなるのかもしれない。





心身共に豊かなシニアライフを送るための Web マガジン


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

「高齢社会、高齢期のライフスタイル」と「組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革など」)をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。