健康寿命は、“どこに住むか” で決まってしまう。

画像: Cory

2019.09.02

ライフ・ソーシャル

健康寿命は、“どこに住むか” で決まってしまう。

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

日本老年学的評価研究機構が、約20万人の高齢者を調査した結果から考えた。

以下がそれを簡単に表した、健康寿命の方程式だ。

大事なのは、掛け算であること。健康習慣を実践しても、物理的リスクの排除や精神的・社会的リスクの排除ができなければ、健康長寿の実現可能性はゼロかもしれないということだ。健康習慣の実践は、これらリスクが排除された家に住むことを前提としなければ意味がないかもしれないと考えてもいい。実際、日本は欧米に比べて、高齢者自身も高齢の親を持つ子供らも、「どこに住むか」を軽視しすぎている。「どこに住むか」×「健康習慣」が健康寿命を左右する。健康長寿は、健康習慣だけでは実現しないと心得なければならない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革・健康経営など)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。