アップルの変革

2019.05.29

経営・マネジメント

アップルの変革

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

2011年にスティーブ・ジョブスが亡くなった後にアップルは一層の成長を遂げました。 これを主導したのが現CEOのティム・クックです。ティム・クックはどのような変革を進めてきたのでしょうか?

今年の初めにアップルが業績予想を下方修正したことをきっかけとして関連の株価が軒並み下落する、いわゆるアップルショックが発生しました。iPhoneの販売台数の不振がもたらしたものと言われていますが、単なる景気低迷というよりもマーケットが成熟期に入ったことが原因ではないか、という論調が大方を占めています。
一企業の経営状況が相場全体の上げ下げにつながるという恐ろしい状況ですが、これもアップルがグローバル経済で大きな存在であるからと言えるでしょう。

そんなアップルですが、90年代後半には経営不振に陥り一時、ライバルであったマイクロソフトから出資を受けた程でした。また、アップルの創業者のスティーブ・ジョブスが2011年に亡くなった時に、アップルはこれから駄目になると言う人が多くいました。

しかし、アップルはこの8年間に大きな成長を見せるだけでなく大きな変革を起こしています。

それを引っ張ってきたのが現CEOのティム・クックです。

スティーブ・ジョブスと異なり、クックが行ってきた改革はあまり表には出てこないものばかりですが、「アップル さらなる成長と死角」という著書で元アップルに勤務された経験を持つ経営コンサルタントの竹内一正さんが興味深い内容を書かれています。

ティム・クックはオペレーション部門出身者で、アップルのヒエラルヒーではオペレーション部門はデザインやマーケティング、R&Dなどの下の「最下層」と言われているそうです。ティム・クックはIBMからコンパック社の購買部門の副社長を経て1998年にアップルに入社しました。

彼がやってきた改革を先ほどの書籍からピックアップしてみますと驚くほど大きな変革を実行していることがわかります。

・再生可能エネルギーの利用促進
・製品の完全なリサイクル
・CO2排出抑制
・労働・人権、安全衛生の配慮
・在庫管理の徹底「在庫は乳製品と同じ」
・アップル社内での製造からの移転
・無理が利くホンハイでの製造へ
・CCC(キャッシュコンバージョンサイクル)の改善
・株主との協調
・社員の社会貢献活動への援助
・サプライヤーマネジメント力
・サプライヤーリストの公開
・サプライヤーの細かい支配(Tier1だけでなくTier2、3も)
・サプライヤー責任報告書の発行
・先進製造業ファンドの立上げ
・アップルウォッチによる医療分野への進出

アップルの主要サプライヤリストの公開や、CSR絡みのサプライヤ責任報告書の発行、卓越した原価企画能力などのサプライチェーン力の強さについては私も存知てました。
しかし単にサプライチェーン全体の強化だけでなく、他の様々な変革も成し遂げており、これが現在のアップルの強みにつながっていることは間違いないでしょう。また、ここに
上げられた諸変革施策は、カリスマCEOであったスティーブ・ジョブスの思想とは異なったものも多く、彼には成し遂げられなかったということも書かれています。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。