購買部門は何を期待されているのか

画像: PhotoAC oldtakasuさん

2019.03.13

経営・マネジメント

購買部門は何を期待されているのか

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

「購買部門は(マネジメントや要求元から)何を期待されていますか?」という質問を企業の購買部長にしますと、それに対して「明確なものがない」という答えが返ってくることがあります。そういう企業はどうすればよいのでしょうか。

何故なら、もう既に仕様も固まり購入先も決まっていることが多いからです。継続品の購買であれば長く生産することで生産性が向上することもありますが、「(VEや標準化などで)安いものを買う」とか「(競い合わせて)安いところから買う」をやらないと限界はすぐに来ます。

「気合と根性」だけでコストが下がり続けることはないのです。理由がなければコストは下がりません。科学的なアプローチが絶対に必要となります。

このように「タテ」のストレッチで継続的にマネジメントや要求元の期待を超える活動を続けるのは難しく、それが実現できないと「あの部署の存在価値が見えない」みたいな話になってしまうのです。

こういうことからも今後ヨコ方向のストレッチが欠かせなくなります。新しい役割を果たしミッションを継続的に広げていくのです。「明確な期待が見えない」と嘆くだけではなく、自らミッションを定義しヨコのストレッチをしていくことが求められるのではないでしょうか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。