購買部門は何を期待されているのか

画像: PhotoAC oldtakasuさん

2019.03.13

経営・マネジメント

購買部門は何を期待されているのか

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

「購買部門は(マネジメントや要求元から)何を期待されていますか?」という質問を企業の購買部長にしますと、それに対して「明確なものがない」という答えが返ってくることがあります。そういう企業はどうすればよいのでしょうか。

「購買部門は(マネジメントや要求元から)何を期待されていますか?」という質問を企業の購買部長にしますと、それに対して「明確なものがない」という答えが返ってくることがあります。

同じ質問に対して多くのバイヤーは「QCDの確保」と答えるでしょうが、品質や納期は購買だけが見ているものではなく、開発、品証、品管、生産管理、製造などの部門も見ています。
そうすると購買に対してはコスト削減の期待が大きい、とも言えます。しかしコスト削減に関して明確な目標がない企業も少なくありません。

このように企業として購買部門のミッションが明確でない場合その購買部はどうすればよいのでしょう。私はミッションというものは天から降ってくるものではないと考えます。ミッションは自ら熟考し、自ら定義するものです。
もちろん経営や要求元、社内外のステイクホルダーから求められるものはあるでしょう。しかし単にそれに答えるだけでなくストレッチしたミッションを自ら設定し、それを目標にして実行していくことが求められているのです。

ストレッチしたミッションには2つの方向があります。1つは目標のタテの深耕です。例えば2%のコスト削減目標に対して1%ストレッチして3%のコスト削減目標を設定する、というやり方です。

もう一つの方向はヨコの広がりです。これは今までにない新たなミッションに挑戦することです。例えば今までは要求元の持つ予算に基づき外部支出を行う、のに対し、決まったものを如何に安く購買するか、という取組みだったものを予算策定段階まで関与し、そもそもこの予算(支出)が必要なものなのか、という視点で予算の精査にまで範囲を広げるようなやり方です。

従来は「タテ」のストレッチは一般的でしたが、「ヨコ」のストレッチは新しいミッションを実現するための仕組み作りが必要になるため、あまり行われていなかったと言えます。

「タテ」のストレッチは多くの場合コスト削減の額もしくは率のストレッチが多いでしょう。しかしコスト削減目標のストレッチには限界があります。よくあるのが、期中で売上が低迷し、収益が苦しくなったから、追加でこれだけコスト削減をやってくれ、と天の声がかかるケースです。この場合目標だけ追加で降りてきます。これもお願いベースで実現できない訳ではありません。

しかし、何度もやっているとすぐに限界がきます。極めて当り前でしょう。打ち手がないからです。以前から何度も言っていますが、コスト削減は「安くする」「安いところから買う」「安いものを買う」「無駄な買い物をしない」の4つの手法に集約されます。期中に収益が苦しくなったのでコスト削減しなさい、といケースではこの4つの手法のうち「(交渉して)安くする」手法しかありません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。