トヨタとソフトバンクの提携に思う

画像: 写真AC_ei-miさん

2018.11.07

経営・マネジメント

トヨタとソフトバンクの提携に思う

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

先日トヨタとソフトバンクの提携が発表されました。これは従来の業態の垣根を超えた業務提携ということで注目されたのです。既にソフトバンクは投資会社の性格が強く昨今は事業会社がベンチャー投資や技術シーズの取り込みを行うようなCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)が積極化しています。これはどのような意味があるのでしょうか。

先日、トヨタとソフトバンクの提携が発表されました。今まででは考えられない組み合わせでしょう。それも従来型事業での連携ではないところに大きな意味がありそうです。

トヨタ自動車は「クルマを造る会社からモビリティサービス会社に変わる」と豊田社長は宣言しています。また、ソフトバンクは通信会社から既に事業の軸足をCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)に置き始めています。
ソフトバンクのビジョン・ファンドは10兆円規模の運用を行なっておりそれにより6000億円超の営業利益を稼いでおり、トヨタが出資をしている米ウーバーテクノロジー社などトヨタが目を付けた企業に必ずと言ってもいい程、ソフトバンクが出資している状況だったようです。

このように従来型の業種の垣根を超えた業務提携であるとということがたいへん注目を集めた一つの要因でしょう。

ソフトバンクは従来から多くのベンチャー企業に対して積極的に投資を進めてきました。このように事業会社が投資を行うというCVCという形態が昨今とてもブームになっています。これは主に大企業がスタートアップ企業に投資する活動であり、事業投資による収益を稼ぐだけでなく、外部との連携で大企業が新事業を創出したり、オープンイノベーションで必要な技術シーズをベンチャー企業から取得するということも目的にした活動です。

かつては日本の大企業は自前主義でありましたが、それを改め外部資源との連携や活用に力を入れることが推進され特にこの数年間で多くの企業が多額の投資を進めています。

私はこのCVCがブームであれ何であれ、非常に良いことであると考えます。ベンチャー企業への投資や育成、オープンイノベーションが進むことは新しい産業や企業の育成に必須だからです。

振返ってみると私が起業する少し前の2000年当時にも同様のベンチャーブームが起きていました。このブームはインターネット技術の進化・普及によってもたらされたものでヤフーの株価が1億6790万円と日本株史上最高値を記録したのは2000年2月のことでした。

しかしこのベンチャーブームはネットバブル崩壊によりあっと言う間に終焉しました。その後は企業再生系のファンド投資が投資ビジネスの中心になっていきました。
このように投資ビジネスと言っても栄枯盛衰が見られるのが日本の特徴なのかも知れません。

しかし日本の場合、今まではこれらの投資ビジネスがイノベーションにつながっているようには感じられません。
何故なら再投資につながっていないからです。2000年以降で大きく成長した日本のベンチャー企業は数えるほどしかありません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。