経営者なら知っておきたい資産運用の専門家「IFA」とは?

2017.11.13

経営・マネジメント

経営者なら知っておきたい資産運用の専門家「IFA」とは?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

資産形成や資産運用を行うとき、あなたは誰に相談していますか? 欧米ではIFAと呼ばれる独立系ファイナンシャルアドバイザーに相談しながら、長期的な資産運用を行うことが広く浸透しています。 今回お話をうかがったのは、今注目のIFA法人・ファイナンシャルスタンダード株式会社の福田猛代表取締役。日本でも広まりつつあるIFAの活用法から会社としての運用方針まで、聞いてきました。 (聞き手・仙石実・公認会計士、税理士/構成・Tokyo Edit 大住奈保子)

われわれの役割は運用会社を徹底的にリサーチし、お客様のゴール(目的)に合った商品の組み合わせを提案するという“目利き”です。たしかな目利き力で、お客様に安心と結果をご提供できる。これが他社のIFAにはない弊社ならではの特長だと考えております。

ご相談の内容によっては、担当者や会社からのサポートだけでは不十分な場合もあります。そのため弊社では、相続対策や不動産関連の専門家とのチーム体制を整えております。
担当者と会社、そしてチーム。この3つのサポートによりコンサルティングの質を高めているのです。

「人にフォーカスすること」が企業を存続させる

(仙石)ファイナンシャルスタンダード株式会社の設立のきっかけになったのは、どのようなことだったのでしょうか。

(福田)IFAについては、証券会社勤務時に業務上でお会いしたファイナンシャルプランナーの方から話を聞いてはじめて知りました。「これはすばらしい仕組みだな」と感動しました。

長期的に投資家の方々をサポートするという仕事には、もともとやりがいを感じていました。ただ、金融の世界では少人数で事業を行うのが難しいのではないかという思いがあり、踏みとどまっていました。

IFAという仕組みなら、インフラを証券会社から提供してもらうことができます。証券会社を自分で作るのは難しくても、これならできるのではないかと思いました。
また、コストを劇的に下げることができるのも、IFAのメリットです。この仕組みを使えば、お客様によりよいサービスを提供できると考えました。

当時の日本では、IFAがまったく浸透していませんでした。そのため、この仕組みを日本に取り入れるにはどうすればよいかについては、確固としたイメージがあったわけではありませんでした。ただ、これを使えばきっといいことができる。そういう確信だけを頼りに、私と妻ともう1人のスタッフの3人で、2012年の秋に会社を設立しました。

(仙石)企業ではいろいろなところで、事業承継や相続などの話が出てくるかと思います。福田様は事業を継続させるために、どのようなことが大切だとお考えですか。

(福田)やはり、自分たちが何で一番を目指すのか、何を一番大切にするのかを明確にすることですね。「なんでもできます」というのでは、お客様にとっては「よくわからない会社だな」という印象になってしまいます。「われわれはこれでNo.1になるんだ」という分野を決めたほうがいいと思います。
あとは「人」を大切にすること。「人」とはお客様はもちろん、従業員や関係者を含めた全員です。この2つが浸透すると、おのずと長く続く会社になるのではないでしょうか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。