経営者なら知っておきたい資産運用の専門家「IFA」とは?

2017.11.13

経営・マネジメント

経営者なら知っておきたい資産運用の専門家「IFA」とは?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

資産形成や資産運用を行うとき、あなたは誰に相談していますか? 欧米ではIFAと呼ばれる独立系ファイナンシャルアドバイザーに相談しながら、長期的な資産運用を行うことが広く浸透しています。 今回お話をうかがったのは、今注目のIFA法人・ファイナンシャルスタンダード株式会社の福田猛代表取締役。日本でも広まりつつあるIFAの活用法から会社としての運用方針まで、聞いてきました。 (聞き手・仙石実・公認会計士、税理士/構成・Tokyo Edit 大住奈保子)

ゴールの設定においては、なるべくリスクを排除して、長期間安定的に運用していただくという視点で考えます。そのため弊社では、定量評価だけでなく定性評価も取り入れて、分散投資のポートフォリオを研究しております。

(仙石)定性評価とはどのようなものなのでしょうか。

(福田)たとえばポートフォリオの中に日本株を20%組み入れるとき、それをインデックスで組むのかアクティブで組むのか。ここに定性評価を取り入れております。株で運用を行う投資信託なら、運用のチーム体制も徹底的にチェックします。

銘柄を選定しているアナリストやファンドマネージャーが企業を訪問せず、二次情報のみで投資をしている場合は、注意が必要です。実際に経営者と会って話を聞かないと見えてこない面というのは、たくさんあるからです。一次情報を得ているファンドマネージャーとそうでないファンドマネージャーでは、パフォーマンスにもおのずと開きがでてきてしまいます。

弊社ではこうした定性的な側面までチェックを行い、定量的な分析だけでは出せないリターンも見に行けるようにしています。運用の世界では「コストが安いものがいい」風潮もありますが、それよりも重視すべきは「パフォーマンスが出ているか」です。このような観点から、安かろう悪かろうの商品ではなく、投資に見合ったリターンを得られる商品をお勧めしております。

「安心」と「結果」を両立する資産運用の秘訣とは

(仙石)他社にはない、御社ならではのサービスはございますか。

(福田)お客様が運用に求めるのは、「プロセスにおける安心感」と「結果」の2つだと思います。弊社ではこの2つにフォーカスしたサービス構築を行っております。
「プロセスにおける安心感」と「結果」を高いレベルで維持している職業として、私の頭に一番に浮かんだのが医師でした。そのため弊社では医師の業務をモデルとした「カルテ」と「カンファレンス」という仕組みがあります。

ご相談を受けたらカルテを作成し、ヒアリング内容を記録します。そして、その内容をもとに専門家を集めて会議を開きます。大学病院などでは患者さんの治療方法を決める際に、さまざまな分野の医師が集まってカンファレンスを開きます。弊社でもこれと同じようにマネーの専門家が意見を出し合い、ご提案内容を精査するのです。

(仙石)それぞれの分野の専門家に相談できるというのはうれしいですね。

(福田)そうなんです。また「結果」という面では、われわれは「目利きができる料理人」を名乗っています。どんなによい野菜(=金融商品)でも、調理方法(=運用方法)や組み合わせを間違えばおいしく食べることはできません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。