ここまで進んでいる!?クルマの自動運転開発の最前線《パート2》

2017.11.16

経営・マネジメント

ここまで進んでいる!?クルマの自動運転開発の最前線《パート2》

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

ここ数年、より高度な自動運転の実用化に向けて、業界・業種・国境を超えた開発競争が一気に加速しています。前回の《パート1》では、年々進化する自動運転技術の“いま”と、国内外の自動車メーカー各社の動きについて見てきました。今回の《パート2》では、IT系企業やライドシェア業界にも広がる自動運転の開発事業を取り上げながら、日本における自動車産業の今後の展望を探っていきたいと思います。

完全自動運転の開発をリードする米グーグル

ここまで進んでいる!?クルマの自動運転開発の最前線《パート1》

自動運転の技術開発は自動車メーカーにとどまらず、国内外のIT業界からも次々と大手企業が参入。その最大の強みとなるのが、自動運転のカギを握るAI(人工知能)+情報通信の最先端技術と、制約にとらわれないIT企業ならではのスピーディーなアプローチです。

米グーグルの自動運転車開発部門「ウェイモ」では、レベル4以上の完全自動運転技術の確立をめざし、2009年以来、約500万kmにおよぶ試験走行を実施。人間が一生かけても得られないような運転経験や、周囲の膨大な画像をAIに学ばせ、自動運転システムの設計や改良に不可欠なデータを収集してきました。

そして2014年、その成果を集約した自社設計の自動運転車「ファイアフライ」を発表し、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルもない完全自動運転車として話題を集めました。

しかし今年(2017年)6月、同社はファイアフライによる走行試験を打ち切り、今後はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)など、提携する自動車大手の市販車をベースにした自動運転車の開発に集中すると発表。ウェイモのプロジェクトチームは「量産車に集中することで、完全な自動運転技術をより多くの人々に、より早く届けることができる」とコメントしています。

ソフトバンク×仏ベンチャーによる新形態の交通システム

日本企業ではソフトバンクが今年4月、過疎地などでの自動運転サービスを目指す「SBドライブ」を設立。その3ヵ月後の7月には、東京都内のホテル敷地内で、無人の自動運転バスを使ったSBドライブの実験走行が公開されました。
この無人バスは仏ベンチャー「ナビヤ」が開発した電気自動車で、ハンドル・アクセルペダル・ブレーキペダルがなく、液晶パネルで行き先を指定すると自動で発進。GPSで位置を把握しつつ前後左右のセンサーで周囲を検知しながら走行し、緊急時にはゲーム機のようなコントローラーを使って人間が操作するシステムとなっています。

ナビヤの自動運転バスは、仏リヨン市やボルドー市、米ラスベガス市のイノベーション地区など、すでに複数の都市で導入されており、スイスの公道実験やロンドン・ヒースロー空港でもデモンストレーション走行が行われています。さらに今後、ソフトバンクとの提携で日本市場への本格参入を見込むナビヤは、「自動車メーカーが開発中の自動運転車とは異なり、ショッピングセンターや空港、大学の敷地など決められたルートを低速で走る計画」を打ち出しています。一般公道での自由走行よりハードルが低いことから、日本国内での早期導入に大きな商機を見込んでいるようです。

次のページ自動運転サービスを目指す欧米のライドシェア業界

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。