先物取引に手を出したら危険!?って、本当のことでしょうか?

2017.09.28

IT・WEB

先物取引に手を出したら危険!?って、本当のことでしょうか?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

ズバリ、先に結論を書いてしまいます。 「先物取引に手を出したら危険!?」は、ウソです。むしろ、大金持ちになれるかもしれません。 ジム・ロジャースやジョージ・ソロスといった有名な米国の人資産家は、まさに先物取引を繰り返し、資産を雪だるま式に増やしていった投資家として知られます。 「でも、よく考えたら、雪だるま式って、借金の時に普通使うよね、借金が増えることだって……」と考えた方、それも鋭いご指摘です。 リターンが大きいということは、それだけリスクも大きいということ。 それでは先物取引って何が魅力で、何が危険なのか、考えてみることにしましょう。

「そもそも先物取引って何?」をおさらいする

先物取引は、株の信用取引や、大豆、トウモロコシなどの商品先物取引などに代表される取引で、日本取引所グループのホームページによると、
1 将来のあらかじめ定められた期日に
2 特定の商品(原資産)を
3 現時点で取り決めた価格
で売買することを約束する取引のことを言います。

株式を現物で買うのと比べると、
1 いつまでも持ち続けることはできず、期限がある
2 下がると思えば、「売り」からスタートできる
3 証拠金があれば、数十倍、場合によっては数千倍まで取引ができることも
4 取引は、差金(利益または損失)分だけで行われる
という違いがあります。先物取引が「魔力があるけど怖い」と言われるのは、おもに(3)の「何倍ものまで取引ができる」とう点です。

100万円が200万円に。200万円がゼロになることも

パチンコをされたことがある方なら、「あの時やめておけば、1万発あったのに」……、
競馬をされたことがある方なら、「最後に取り返そううとさえ思わなければ」……、
そんな思いをされたことがあると思います。
そうです、負ければ負けたで、勝てば勝ったで、だんだん振幅(投資する金額)が大きくなっていくことが問題なのです。

例を挙げてみましょう(ここでは手数料等は一切考慮していません)。

100万円の証拠金で、3カ月後が期限の商品を、一枚50万円で20枚、1000万円分買ったとします(枚:当該商品を売り買いするための最小単位を1枚と言います)。

■ 1カ月後:
10%上がって、1枚55万円になりました。20倍すれば1100万円になり、この時点ですでに100万円儲かっています。元手からすれば2倍になりました。すごいですね。しかし、この時点ではもっと上がると思ったので、売りませんでした。

■ 2カ月後:
今度は、1枚45万円を切りそうになってしまいました。証拠金が100万円では足りませんので、証券会社から追証を要求されました。仕方なく、もう100万円を追証として追加することにしました。「ここで撤退したら証拠金100万円は1円も戻ってこないが、取引を維持していれば、そのうち反転するに違いない」と思ったからです。しかし、その後もどんどん価格は下がります。

■ 3カ月後:
上がるのを待っているうちに期限がきてしまい、決裁されてしまいました。価格は一枚40円。200万円の損失で、保証金とぴったり同じですので、何も残りませんでした。

次のページ勝ち続ければ億万長者。それが無理でも勝つことはできる

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。