検索結果: ソーシャルレンディングにおける、メザニンローンを徹底解説!

2017.09.25

経営・マネジメント

検索結果: ソーシャルレンディングにおける、メザニンローンを徹底解説!

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

高利回りが期待できるとして、いま大きな注目が集まっているソーシャルレンディング。 ソーシャルレンディングをはじめる際に、覚えておきたいワードのひとつが「メザニンローン」です。まだ認知度の低いメザニンローンですが、多様な資金調達ができるローンとして、注目されており、Googleなどのビッグデータでも検索率が急上昇中だそう。 また、投資家にとっては、資産運用の選択肢を増やすチャンスとなっていることは周知の通りでしょう。 ソーシャルレンディングとは? メザニンローンとは? 今回は、不動産融資とメガソーラー事業向け融資を例にご紹介することにします。

メザニンは「中二階」という意味。中二階、つまりミドルリスク・ミドルリターンと言われています。いずれにせよ、返済順位がシニアローンより劣後する(順番が後になる)融資であるため「劣後ローン」とも言われています。

人気の太陽光ファンドの仕組みとは

不動産投資物件以外にも、メザニンローンの活用例として、メガソーラー事業があげられます。事業には、土地所得や太陽光発電所の設備開発などを行うため莫大な資金が必要です。この資金調達手段として、シニアローン以外にメザニンローンを活用し、投資家や企業から資金を集めるのがひとつの金融モデルとなっています。
この事業を後押ししているのが、2012年7月1日に始まった「固定価格買取制度」です。この制度により20年間、国が定めた固定価格で、電気事業者が電力を買い取ることが義務づけられているため、相対的にリスクが小さくなっており、投資家の間でも太陽光ファンドは人気となっているのです。

ソーシャルレンディングにおける太陽光ファンドの仕組みを簡素化して説明すると……。
あるメガソーラー事業に対し、個人投資家は太陽光ファンドに投資、合同会社に資金が集まります。それにより事業が順調にすすみ、売電による収益が出ると、合同会社を経由して出資者に元本に応じて分配されていきます。

高利回りが期待できる商品ではありますが、リスクはもちろんあります。
地震などの災害による被害や日射量が予想を大幅に下回る場合、あるいは事業断念のリスクも考えられます。元本保証はないので、やはりファンドを組成する合同会社の信頼性を把握することがとても大事になるでしょう。

資金提供を受ける事業者にとっては、メザニンローンを活用することで資金調達の幅が広がり、新規事業に参戦する可能性も増えると言えます。投資家にとっては、ミドルリスク・ミドルリターンといわれるメザニンローン。資産運用の選択肢として考えていくうえで、しっかり情報収集していくことが不可欠といえるでしょう。

≪記事作成ライター:ナカムラミユキ≫
千葉出身。金沢在住。広告制作会社にて、新聞広告を手がける。映画、舞台からメーカー、金融まで幅広い記事広告を担当。著名人インタビューや住宅関連、街歩きコラム、生活情報まで興味の赴くまま執筆しています。



【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。