「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

2017.09.15

経営・マネジメント

「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

音楽会が開かれた広いホールで。あるいは結婚式が行われた教会で。パイプオルガンが奏でる荘厳かつ柔らかな音色を耳にしたことがある人は多いだろう。世界で活躍する日本人オルガニストの井上圭子さんは、少女時代からオルガンの魅力にとりつかれ、不断の努力を重ねて今の地位を得たという。 「先が見えないからこそ、一生懸命やってきた」と語る井上さんの生き方には、ビジネスマンである私たちも大いに学ぶべきものがある。動画サイトなどで改めてパイプオルガンの音色を確認しつつ、井上さんの話に耳を傾けてみよう。 (聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:株式会社フロア/協賛:リリア音楽ホール)

(仙石)パイプオルガンを通して伝えていきたいことはありますか?

井上 やはり、音楽を通して、生きる希望や喜び、そして勇気を、聴いている方々に届けたいと思います。私の音楽活動もこれまでやってきたことの集大成の時期にきたかなと。2018年は、ドイツのドレスデンにある有名な聖母教会で演奏します。それからスロバキアでコンサートツアーの予定もあり、今から楽しみにしています。

仙石)これからパイプオルガンを始められる方に向けてメッセージをいただけますか。

井上 夢を持って楽しんで弾いてください。夢に向かって邁進していくのはとても楽しいです。また、音楽は世界共通の言語です。世界中で通用する“音楽”という言葉がに与えられて幸いだと思います。これからも、皆様と音楽を共有し、共に喜びを感じていけたらいいなと思っています。




【プロフィール】
井上 圭子/ いのうえ けいこ 音楽家・オルガニスト
東京藝術大学オルガン科卒業、同大学院修了。ドイツフライブルク音楽大学、ソロ科を卒業、国家演奏家試験に合格。ソリストとして日本各地の主要ホールから招かれ演奏、また国内外のオーケストラとの演奏会にも数多く出演。日本コロムビアより10枚のCDをリリース、NHK『芸術劇場』『名曲アルバム』、『題名のない音楽会』ほかテレビ、FMに出演。ドイツ、フランス、デンマ-ク、スイス、アメリカ、ベルギー、チェコ、ポ-ランド、フィンランド、香港など各地での音楽祭、2013年ロシア、2015年リトアニアの国際オルガンコンクールの審査員にも招かれた。またオルガン講座、演奏会の企画、クラシックのジャンルを超えた共演者とのコラボなど幅広く活動。大森めぐみ教会オルガニスト。http://keiko-i.com




リーダーズオンライン【転載元】
リーダーズオンライン(専門家による経営者のための情報サイト)
https://leaders-online.jp/


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。