「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

2017.09.15

経営・マネジメント

「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

音楽会が開かれた広いホールで。あるいは結婚式が行われた教会で。パイプオルガンが奏でる荘厳かつ柔らかな音色を耳にしたことがある人は多いだろう。世界で活躍する日本人オルガニストの井上圭子さんは、少女時代からオルガンの魅力にとりつかれ、不断の努力を重ねて今の地位を得たという。 「先が見えないからこそ、一生懸命やってきた」と語る井上さんの生き方には、ビジネスマンである私たちも大いに学ぶべきものがある。動画サイトなどで改めてパイプオルガンの音色を確認しつつ、井上さんの話に耳を傾けてみよう。 (聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:株式会社フロア/協賛:リリア音楽ホール)

仙石)パイプオルガンの魅力という意味では、馴染みのない方もいらっしゃると思います。教会で聞く音楽というイメージがありますね。

井上 パイプオルガンはキリスト教と関わりが深く、教会の中で発展してきました。だから日本では縁遠い楽器でしたが、最近はコンサートホールに立派なオルガンが設置され、一般の方にも身近な楽器になってきたように思います。

私が一番魅力を感じたのは、同じ鍵盤の楽器でもピアノは弦を叩いて音を出しますが、パイプオルガンは笛の集まりで、笛に風を送って音を出します。人の息づかいにも似ていて、私たちは呼吸をするように演奏します。

笛が歌うというか、笛を歌わせるというか、人の息づかいに似て人間的な音がする点にとても魅力を感じています。

仙石)パイプオルガンの音色は、気持ちが安らぎ、安心するような感じがします。

井上 安らぎとか、喜びとか、人の心を癒すような音楽を私も届けたいと思います。

仙石)いろいろな楽曲の中で、一番好きな演奏曲はなんですか?

井上 バッハでしょうか。毎日弾いています。その他で好きなのは、20世紀フランスのプーランクという作曲家の「オルガン協奏曲」、オーケストラとの曲です。演奏会で取り上げられる機会は少ないですが、私は演奏するのが大好きな曲です。

仙石)外国の演奏家と比べて、日本人演奏家が優れている点はありますか?

井上 日本人は繊細で技巧的ですね。それから非常に勉強熱心です。その一方で、力で演奏するような曲はもしかしたら、日本人は苦手かもしれません。ただし、音楽に国境はないと思いますので、日本人だからどうだということは考えたことがありません。

私を含め、日本人が外国の音楽家と違うなと思うこともあります。例えば、コンクールの審査の時など、事前に準備をします。当然、時間に余裕をもって会場にも行きます。そんなとき、外国の審査員の方々はその場で準備をし、時刻になっても現れないことがあったり。「のんびりしているなぁ」と感じたこともあります。

仙石)日本でピアニストやオルガニストというと、男性よりも女性の方が多いというイメージがあります。ところが、海外では体格のいい男性の演奏家が多いそうですね。

井上 欧米では教会オルガニストとして生活が出来ます。教会もたくさんありますし。

練習の繰り返しで分かること



仙石)パイプオルガンを演奏する際の心構えというものはありますか?

井上 私の座右の銘は、「努力は裏切らない」というものです。毎日、時間がある限り練習したり、勉強したりしています。孤独な時間の繰り返しですが、そうした努力が、コンサートで演奏するときに報われると信じています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。