「すべてを力に」二度のメダル獲得で乗り越えた苦悩とその原動力 元マラソンランナー 有森裕子

2017.09.13

経営・マネジメント

「すべてを力に」二度のメダル獲得で乗り越えた苦悩とその原動力 元マラソンランナー 有森裕子

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

五輪マラソン女子で2度もメダリストに輝き、「自分で自分を褒めたい」というあまりにも有名な名言を残した有森裕子さん。 現役時代はもちろん、その後のプロランナーとしての活動期間中、多くの人に勇気と感動を与えた。彼女は現在、元スポーツ選手の活躍支援とスポーツを通じた障がい者の社会参加を促す活動などに没頭している。 決して才能に恵まれているわけではなかった彼女は、アスリートとして輝かしい結果を残し、周囲を変えることができたのか。そして、その原動力は何だったのか。また、今後はスポーツを通して社会をどのように変えたいと思っているのかなど、さまざまな話を伺いました。(聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:株式会社フロア)

カンボジアの小学校に体育教育を広げ、子供の「豊かな心と健やかな体作り」に貢献することも目指して、カンボジア小学校体育科教育の初の指導書を作り指導者の育成をしています。このような情操教育に関わるようになり、よりいろんな意味で、日常的に子どもたちが生きる力を身につけていくような現場に立ち続けていきたいと、強く思うようになりました。

当たり前のように、障害のある人たちと共存共栄が考えられる現場をつくりたいし、社会に広げられたらなと思います。

仙石)最後にご自身が座右の銘にしていること、そして走る方へのメッセージをお願いします。

有森 私が走ることを通じて、座右の銘としてきたことは、「すべてを力に」です。

マラソンでは、コースのコンディションや天気、戦う相手など、不確定要素を力に変えて、ゴールを目指していかないといけません。必要なのは、すべてのことを味方に変えて何でも力にできることです。

これは日常生活でも同じではないでしょうか。人生はマラソンみたいなものだとか、マラソンは人生みたいなものだとか言います。

私は「すべてを力に」という言葉で頑張っています。マラソンでは、走るだけで、自分自身や環境、季節など、さまざまなものと対話ができます。自分の体と会話をすることで、自分自身を知ることができます。たくさんの人と向き合わなければならない人ほど、オススメしたいスポーツです。


【プロフィール】
有森裕子(元マラソン選手)
1966年、岡山県生まれ。日本体育大学を卒業後、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでそれぞれ銀メダル、銅メダルを獲得。2007年の東京マラソンでプロマラソンランナーを引退した。1998年、NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年にアスリートのマネジメントやイベントなどのスポーツビジネスを手がける「ライツ」(現 株式会社RIGHTS. )を設立、取締役就任、現在は特別顧問。国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員、スペシャルオリンピックス日本理事長 日本陸上競技連盟理事、日本プロサッカーリーグ理事などの要職を務めている。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム・シハモニ国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章した。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。